去る8月31日、滋賀県栗東市の人口対策・子育て政策を視察してきました。栗東市は、現在人口約67,000任でありますが、2045年には約72,000人まで人口が増加しその後は減少をする予測であります。また、合計特殊出生率が2.00を超えており、27年は2.07であります。栗東市は平成27年度に「人口ビジョン」を策定して、持続可能な人口増加を目指しています。全国の自治体が人口減少に苦しむ中、栗東市の取り組みを視察してきました。
IMG_1374


*視察項目

・栗東市の人口増加の要因並びに取り組み

・栗東市の子育て支援政策

・合計特殊出生率向上の要因とその政策 

*栗東市人口   67,631人 


栗東市人口ビジョン(対象期間   2060年まで)http://www.city.ritto.shiga.jp/ikkrwebBrowse/material/files/group/4/01%20siryou1(tihousouseikonndannkai2).pdf

*人口ビジョンの位置付けと目的

栗東市人口ビジョンは、国が地方創生政策に沿って策定をした「まち・ひと・しごと総合戦略」など栗東市のこれまでの政策を勘案し、栗東市における人口の動向分析を行い、人口に関する市民の認識を共有し、今後の目指すべき将 来方向と人口の将来展望を示す。
また、栗東市の「第五次栗東市総合計画」が目指す将来都市像である「ひと・まち・環境 ともに 育む『健やか・にぎわい都市』栗東」に向け、平成 32 年(2020 年)の人口想定約 7 万人を 導きだした考え方を踏襲するとともに、さらにその後の人口の将来展望を示すもの。

*人口動態分析
合計特殊出生率:増加傾向にある 25年=2.09

合計特殊出生率の高い要因は、20代〜30代の若者比率が高く、20代の婚姻傾向が高い。若者層の出産傾向が高い(分析結果)

出生数:出生数は増加が進んでいない、 20代30代の女性人口のが減少が要因。20代〜30代の人口が減少していくと婚姻率も低下して出生数も減少する。

 *栗東市の人口推計
H57国の推計  独自推計ではH47がピークとなる。その後は減少

*人口増加の要因  
・周辺に食品や電気製造企業があり安定した効用の場がある
・周辺の市町村に比べアパート家賃が安く若者や新婚世帯が流入する
・人口の流入は若い世代も多いが、家族構成等が変化することで流出傾向がある

*人口推計の分析
・人口定着率:5歳刻みで男女別で調査を行っている
・周辺近隣市町村との人口同行の比較を行っている
・琵琶湖南地域は人口増加が続く分析結果が出ている
・産業特化係数分析から若者層の雇用が多い企業(パナソニック等)が周辺にある

 *子育て支援政策
・市立幼児園  栗東市独自の取り組み、幼稚園と保育園の合体した形態   三歳児から受け入れている点が特徴
・幼稚園は全て公立で行っている。保育士の人員も多い。
・全小学校区で児童館を配置    市内外の母親が相談に来ている 


所感

栗東市の人口ビジョンでは年代別出生率、年代別未婚率等を分析し総合戦略の策定や政策に生かしている。柏崎市においても栗東市が行っているよう統計分析をしっかりと行い、政策に生かすべきと考える。

また、雇用の場があること、そして、周辺地域に比べ取得が多いことが若者層の結婚率の高さに表れているとのことであるが、柏崎市も雇用の場もあり所得は高い地域であります。  栗東市では子供たちが就学のために大阪市を中心とした関西地方に流出するが、就職や住宅事情で流入するとのことであります。柏崎市は2大学、6高校を有しています。栗東市の大学0、2高校から比べても条件は良いと考える。

産業別人口を年代別に分析をする、若者の雇用・就業に対する考え政策を展開する必要がある。また、子育て支援の充実や近隣より家賃が安いことで若者が流入してくるのであれば、柏崎市においてもそれに対応した政策、若者層の住宅事情を考慮して魅力のあるまちづくりが必要と考える。

出生率のアップや人口増加には、これとが決め手といったものはなく、データを分析しそれに基づく総合的にきめ細かな施策の展開をすることが必要であると考える。


 

  柏崎市公式ホームページ柏崎市公式ホームページ
  柏崎市議会ホームページ柏崎市議会ホームページ
  柏崎市議会会議録検索システム柏崎市議会会議録検索システム
  柏崎市議会映像配信(本会議・全員協議会インターネット中継)柏崎市議会映像配信(本会議・全員協議会インターネット中継)
  柏崎市議会・委員会中継(会議当日から30日までの中継)柏崎市議会・委員会中継(会議当日から30日までの中継)
  柏崎市議会・委員会中継(30日を経過した会議の中継)柏崎市議会・委員会中継(30日を経過した会議の中継)

 

 

コメントは受付けていません。

公明党広報
外部リンク
ブログバックナンバー
サイト管理者
柏崎市 真貝維義
tunayosi@cream.plala.or.jp