「番神の梅」藤原緋沙子著

20151103_073318018_iOS     番神は、新潟県柏崎市の番神岬の事です。
    番神岬の高台には、番神堂があります。   

   番神堂は、文永11年(1274年)、日蓮大聖 人が佐渡から赦免になり最初に番神の地につかれました。日蓮上人が三十番神の霊を請じ迎えて祀ったものと伝えられています。
現在は、梅ノ木ではなく桜の名所にもなっています。柏崎で一番に咲くのが番神堂の桜です。

20151103_074335660_iOS

今日、番神堂に行き掃除をしている方に、梅の木の話を伺いました。
昔は梅の木があったとのことですが、現在はないので住職が、「番神の梅」が出版されたので一本植えましたとのことです。

「番神の梅」 江戸時代、柏崎に桑名藩の飛び地がありました。「番神の梅」は、桑名藩から越後の柏崎陣屋へ! 夫の渡部鉄之助を支え、子供を産み、育て、貧しい暮らしを強いられた、下級武士の妻の紀久。おんな盛りにもかかわらず、古着一枚の着物も買えず生活に困窮する紀久を支えたのは一本の梅の苗木だった。「この梅が花をつける頃、桑名に戻れる」・・・。

 

20151104_023015792_iOS

20151104_023144641_iOS

桑名日記、柏崎日記

桑名藩の下級武士の親子が桑名と柏崎の間で交わした日記です。桑名藩御米蔵算用係の渡部平太夫政通とその養子で桑名藩領柏崎(現新潟県柏崎市)へ赴任した勝之助が執筆者です。
 
 時期は江戸時代の終わり頃の天保10年(1839)、藩の一役人であった勝之助は突然桑名藩の飛び地領である柏崎へ陣屋の年貢高をはじく勘定人として「お役替え」を命じられます。身重の妻と幼い長男をかかえた勝之助は突然の転勤命令に狼狽しますが、とりあえず単身柏崎へ赴きます。平太夫54歳、勝之助36歳の正月です。
 
 この時、二人はお互いに日記を書いて交換することを約束します。のち妻と生まれたばかりの長女を柏崎へ呼び寄せますが、長男は武士として育てるために平太夫の許に残しました。日記の内容は両方とも日常の出来事や、子供の育って行く様子が中心ですが、ほとんどが平仮名でありふれた話し言葉で書かれています。それだけに今読んでも当時の生活の様子がありありと目に浮かび、渡辺一家の家族に対する情愛が160年の年月を超えて伝わってきます。
 交換の方法は1ヶ月くらい書きとどめ、それを桑名藩江戸下屋敷を経由した飛脚に託されました。遅いときは3ヶ月もかかって届きましたが、10年間ほとんど毎日書かれています。特に「桑名日記」は勝之助一家だけでなく、柏崎陣屋の同僚の人たちにも桑名の出来事を知らせる情報源として楽しみにされていたようです。
 しかしこの交換日記は平太夫の死によって終わります。「桑名日記」の最後の日付から3日後の嘉永元年(1848)3月7日平太夫は急死しました。しかし義父の死去も知らず「柏崎日記は」その後16日間書かれています。桑名と柏崎が如何に遠かったかを物語っています。
 日記は楮紙に細字の毛筆で書かれており、桑名日記が4分冊、柏崎日記が3分冊になっています。現在の400字詰め原稿用紙に換算すると両方で5,300枚にも達する膨大なものです。
 この日記は数奇な運命をたどりながら地元の旧家に保存されて来ましたが、戦後、一部が郷土史家によって、全文が高校教師親子によって活字化されました。またNHKによって「幕末転勤録」として映像化もされました。今では当時の桑名城下や、柏崎陣屋における生活状況を教えてくれる貴重な資料として、三重県指定文化財になっています。
 20151104_023213090_iOS
20151104_023332164_iOS

 


議会一般質問の動画をご覧になれます。
http://www.kashiwazaki-city.stream.jfit.co.jp/?tpl=speaker_result&speaker_id=118

委員会の動画を配信しています。http://www.city.kashiwazaki.lg.jp/gikaigiji/shigikai/kaigiroku/net/chuke.html

コメントは受付けていません。

公明党広報
外部リンク
ブログバックナンバー
サイト管理者
柏崎市 真貝維義
tunayosi@cream.plala.or.jp