本日6月5日より6月定例会議開催。
9時より議会運営委員会に出席。
10時より本会議の開催。
本日、提案された議第67号平成27年度一般会計補正予算(第3号)以下提案された議案は、下記のURL:
http://www.city.kashiwazaki.lg.jp/gikaigiji/shigikai/gian/h27/gian.html#h27teirei06
P1050682
本日提案された、議第67号平成27年度一般会計補正予算(第3号)には、債務負担行為で、証明書のコンビニ発行の委託料が定められています。

此の住民票等のコンビニ交付は、マイナンバー制度の利用の一つとして2年前から提案し、本年2月の一般質問でも議論をしてきました。
本日の提案理由の説明の質疑の際に、今回の債務負担行為自体には評価をいたしますが、本来新年度予算で債務負担行為をすべきではないかと質しました。
当局の説明は、国の財政処置が本年3月になってしまったので、今定例会議での提案となった。 公共団体情報システム J-LISに委託するが、基幹システムについては他の業者の開発となる。利用開始は一年後になる、などの説明がなされた。
P1050677
公共団体情報システム J-LISに委託するのであれば、委託料は年額300万円でセキュリティ技術などのシステム開発も必要ない。また利用までの期間も契約後6か月後になる点も市民にとっては利便性が高いなど、本会議場での説明を聞いても幾つかの問題がある。
当局からはコンビニ交付についての説明がなされていない、委員会ではしっかりと資料を提出して丁寧な説明をすることを求めました。
今回なぜ、債務負担行為にしたのか最初から疑問がありましたが、システム開発や試験をすることで、単年度契約にはできないことがあるのではないかと推測していました。
新たなシステムの開発は必要ないと考えますが、委員会での説明を待ちたいと思います。

コメントは受付けていません。

公明党広報
外部リンク
ブログバックナンバー
サイト管理者
柏崎市 真貝維義
tunayosi@cream.plala.or.jp