消防団ポンプ操法競技大会 第13分団(松波・荒浜地区)優勝
本日8時より、佐藤が池運動広場駐車場にて、第55回新潟県消防協会柏崎刈羽地区支会消防研究大会開催されました。
柏崎市刈羽村の消防団員が720枚参加しての研究大会です。
ポンプ操法競技会には、各消防団の選手が予選会を勝ち抜き、柏崎市消防団から第7・第10・第12・第13・第16・第18分団の6分団が、刈羽村からは第4分団第1部及び第2部の2分団の計8分団で競技が行われた。
優勝は柏崎市第13分団、2位第柏崎市12分団、3位は柏崎市第18分団でした。
第13分団は、7月27日に小千谷市で開催される新潟県の研究大会に柏崎市刈羽村代表で全国大会を目指して出場します。
研究大会は、ポンプ操法の他、各分団のポンプ積載車の走行訓練や放水訓練及び分列行進などの訓練が行われました。
消防団員の士気は高く、素晴らしい研究大会でした。

コメントは受付けていません。

公明党広報
外部リンク
ブログバックナンバー
サイト管理者
柏崎市 真貝維義
tunayosi@cream.plala.or.jp