2月定例一般質問を通告しました。 登壇は、3月10日 午前10時です。

質問は大きく3点、1点は予算編成から見る行政経営のあり方について。2点目は、ICTやSMSの活用による行政系について。3点目は、公共施設白書と公共施設管理計画策定について。

行政経営については、ここ数年取り上げてきた行財政改革が行政改革プランに取り上げられいよいよ実施に向けて動き出す。今後の取り組みについて市長に見解を伺います。
公共施設白書と公共施設管理計画もここ数年、人口減少時代に即した公共施設の維持管理について提案をしてきたが、いよいよ26年度は国も地方自治体の公共施設の管理について予算付を行う。国の動向を踏へ市長の見解を伺います。

通告内容は、以下の通です。



一 般 質 問 通 告 内 容

 1・枠配分による予算編成改革と行政経営について

(1)枠配分方式による財源の有効配分と予算編成改革について
趣旨 枠配分による予算編成のメリット・デメリットについて

(2)予算編成改革とコスト意識の向上について
趣旨 枠配分による予算編と各部局の自主性・自律性の確保及び職員のコスト意識の向上について

(3)持続可能な財政運営と財政健全化条例制定について
趣旨 将来にわたる健全運営を維持する財務に関するルールを確立し、市民と情報を共有するための財政健全化条例の制定について

2・ICT・ソーシャルメデアの活用による行政経営のあり方について
(1)Facebookなどソーシャルメデアの活用と市民参加について
趣旨 FacebookやTwitterなどソーシャルメデアの本格活用と双方方の広報公聴について、ソーシャルメデアの活用による市長への手紙の導入について

(2)ソーシャルメデアの活用による市民力・地域力の向上
趣旨 アプリ開発の人材育成を図りながら、携帯端末・スマートフォンを活用した公共サービスの提供。アプリを活用した市民サービスの向上、行政サービスの取り組み及び情報格差の解消について

(3)ICTを活用した市役所BPRの推進
 趣旨 職員の情報リテラシーの向上、市役所全体でICTを活用したBPRの推進による事務事業の効率化、庁内情報化の最適化について 

3・公共施設白書に基づく公共施設の管理計画策定について
(1)    公共施設白書に基づく公共施設の適正配置計画策定について
趣旨 全施設の現状分析、管理の基本方針及び計画期間、数値目標の設定等、総務省指針と計画の策定についての基本的な考え方。

(2)    公共施設の適正配置計画策定と市民参加について
趣旨 公共施設の保全・再配置については、まちづくりや地域のあり方に大きく関わる。計画策定と市民参加や議会との情報の公開・共有について

(3)    公共施設管理計画策定と地方財政計画について
趣旨 管理計画策定・推進と地方財政計画による財政処置について、当市の26年度予算と公共施設の施設除去について



柏崎市議会は通年議会を導入しました

柏崎市議会 議会改革の取り組み

真貝維義議会一般質問のページ

常任委員会のユーストリーム公開を行っています。

コメントは受付けていません。

公明党広報
外部リンク
ブログバックナンバー
サイト管理者
柏崎市 真貝維義
tunayosi@cream.plala.or.jp