「効果のあがる議会広報のポイント」 

NOMA(一般社団法人日本経営協会)主催の~地方議員・地方議会職員のための「効果のあがる議会広報のポイント」~研修会に参加。 

講師   地方議会研究会代表・元全国都道府県議会議長会議事調査部長
   野村 稔 氏
 

野村氏は、多くの住民は議会広報を読まない。TVやマスコミの情報伝達のあり方について、TVは、今起きていることをつたえる。新聞は昨日起きたことを伝える。議会広報は、1月前のことを伝える。情報伝達が、進んだ社会で1ヶ月以上前のことを読んでもらうには、工夫が必要。

また、何故読まれないか、面白くないから読まれない。面白くない理由は何か、行政サービスの中断がないため読まなくても不便を感じない。市政だよりは最低月1回は発行される。議会広報は年4回である。議会広報を読んでもらうには、技術的な問題だけでは解決できない。議会の審議が充実しなければ、内容のある議会広報はできない。

住民が議会に関心を持つような議会活動と紙面づくりが必要とした。 




効果の上がる議会広報のポイント
 

1議会広報の発行責任者は議長

 議会広報誌の広報委員長ではない、議長。議長がしっかり目を通す。 

2議会広報委員会は、条例上定められた委員会でなければならない
  広報委員会は、協議の場ではない、協議の場でなければ常任委員会が適当

 3多くの住民は議会広報を読まない
1)TVは、今起きていることをつたえる
2)新聞は昨日起きたことを伝える
3)議会広報は、1月前のことを伝える
情報伝達が、進んだ社会で1っヶ月以上前のことを読んでもらうには、工夫が必要

4マスコミへの抗議はあるが、議会方へは少ない 

5何故読まれないか
 1)面白くない理由は何か
 2)行政サービスの中断がないため読まなくても不便を感じない
 3)読まれているのは、地域な大きな問題
   地域住民は、全体の問題よりも個別問題に関心を示す傾向にある
 4)議会広報を読んでもらうには、技術的な問題だけでは解決できない

6議会の審議が充実しなければ、内容のある議会広報はできない
 1)質問質疑は、閉会後の議員活動のために行うのではない
 2)長の与党、野党意識が議会活動を低調にしている 

7 一面に定例会で問題になった事項の結論を箇条書きにする 

8 一面の写真を工夫する
  子供の写真などや地域の将来残したい風景などの写真を載せるなどの工夫が必要ではない。

9 質問、質疑は、議員個人でなく事項別にする
  1)内容の重要度で記事にする    議員個人の名前は出さない
  2)現在は議会だよりでなく議員だよりになっている
  3)議員ごとに広報すると、一人当たりのスペースが同じで、どれが大きな問題かわからない・・・公平のもとに何が重要な問題かが見えない

 10重要な長提案の議案には、議会の意志である付帯決議を付けて、議会の政策を       住民に示す・・・市民の声を反映する。

11 当初予算編成前に、議会としての政策決定事項を決議して長に提出する 

12 請願、陳情を継続することは期待外れになる 

13 追跡調査
  1)過去一年間議員が提案した事項を性質別にまとめ、当初予算にどれだけ反絵したか資料を掲載
  2)意見書や議決の実現状況をお掲載する
  3)請願についても同様 

14 疑問解明の企画をする
 議会として、市民の疑問を解明することが市民の関心を引く 

15 委員会所管事項について、現状 問題点 対応策を調査して掲載する 

16 当該団体や他の団体で起きた事件を住民に変わって検証し、広報する
   1 )他の団体での災害やいじめ問題
   2)必要におおじて臨時議会報の発行

17 委員派遣、議員派遣の報告の掲載
   1)施策に参考になる事項を掲載
   2)現地の写真掲載 

18  議会白書を掲載する
 
年間会期日数  本会議日数  委員会日数   長提案の議案数  議員提案の議案数、
 請願、陳情の数  報酬、期末手当(公務員との比較   政務調査費   職業の有無(有給、無給)  政策提言項目の数と内容  他団体からの視察数(視察内容)

19 議会報の回数が少ない、執行部広報にスペース 

20会派の所属議員を随時掲載 

21 議会用語をなるべく用いない 

22 傍聴人を増やす方法
 次の定例会の日程を掲載  各種団体学校等に働きかける  生涯学習等のパンフレットに議会日程を載せる  質問は原稿の朗読をしない 

23 市民から議会広報について意見を聞く
 議会モニター制度の活用 

24 長と議会との合同による住民報告会、住民公聴会を行う 

25 長と議会との広報を一本化する 

26 議案に対する各議員の賛否の表示に留意する
○×での表記では駄目、 賛否と漢字で表す

 27 マスコミに対して議会情報を積極的に提供する



柏崎市議会は通年議会を導入しました

柏崎市議会 議会改革の取り組み

真貝維義議会一般質問のページ

常任委員会のユーストリーム公開を行っています。

コメントは受付けていません。

公明党広報
外部リンク
ブログバックナンバー
サイト管理者
柏崎市 真貝維義
tunayosi@cream.plala.or.jp