本日、12月定例会議一般質問を通告しました。

今回の質問は、大きく3点です。

1点目は、平成26年度予算編成に関わる、国の景気経済対策と予算との関係や当市の重点施策、「予算の見える化」について質問にします。

2点目は、柏崎市行政経営プランの策定にともなう公共施設の更新・維持管理のあり方を質すとともに、新市役所庁舎建て替えに向けての財政計画について質問します。

3点目は、柏崎市も試験的に始めた、FacebookやTwitterなどソーシャルメデアの活用とオープンデータなどを活用した新たな行政サービスについて、市の取り組みについて伺います。


12月議会一般質問通告の内容は以下のとおりです。

1、平成26年度予算について

(1)国の景気経済対策と平成26年度予算規模について

趣旨 国の25年度補正予算案5兆円の景気経済対策と26年度予算規模との関係。

(2)消費税導入と地域経済対策など26年度予算の重点施策について

趣旨 消費税導入に伴う地域経済の動向について、地域経済対策について、26年度予算の重点施策について。

(3)「予算の見える化」・「外部による事務事業評価」の取り組みについて

趣旨 昨年度から取り組んでいる予算の見える化の今後の取り組みと外部による事務事業評価の取り組みについて。

2、柏崎市行政経営プランと公共施設のあり方について

(1)公共施設マネジメント白書と公共施設のあり方について

趣旨 市有財産の総合的・長期的にマネジメントを行うべく公共施設白書と市民への公開、施設の適正配当に係わる基準の作成について

(2)受益者負担の適正化と設定基準の策定について

趣旨 公共施設の利用料や手数料など受益者負担の適正化。受益者負担の設定基準策定について

(3)新庁舎建設や公共施設の維持管理とその財源について

趣旨 公共施設の維持管理基金的な基金の積立について、新庁舎の財源となる基金について

3、ICT・オープンデータによる市民サービスの向上について

(1)    FacebookやTwitterなどソーシャルメデアの活用について

趣旨 FacebookやTwitterでの情報発信を始めたがソーシャルメデアの活用の考え方と今後の取り組みについて。

(2)ICT・オープンデータによる市民サービスの向上について

趣旨 ICT・オープンデータを活用し市民サービスの向上を目指した取り組みが始まっている。当市の取り組みについて

(3)インテリジェンス総合窓口サービスへの取り組みについて

趣旨 インテリジェンス総合窓口サービス早期検討と組織機能の充実について


柏崎市議会12月定例会議日程


柏崎市議会は通年議会を導入しました 

柏崎市議会 議会改革の取り組み 

真貝維義議会一般質問のページ 

常任委員会のユーストリーム公開を行っています。

コメントは受付けていません。

公明党広報
外部リンク
ブログバックナンバー
サイト管理者
柏崎市 真貝維義
tunayosi@cream.plala.or.jp