本日9時より総務常任委員会委員会協議会を開催、クリーンセンター柏崎で発生したタイヤ紛失事件について当局からの説明を受けました。

説明資料はコチラからご覧ください。
25.10.25  クリーンセンターかしわざき  自動車タイヤ紛失について

 紛失確認経緯等   

 ・ 平成25年9月27日(金)

クリーン推進課職員が、タイヤ購入のため在庫の確認時に紛失に気付く。

 ・ 平成25年9月30日(月)

タイヤ保管時の状況とクリーンセンター内の有無の確認を行った。

担当部長に報告、部長より副市長に報告

・   平成25年10月10日(木)

   市民生活部長が柏崎警察署に出向き、状況を伝え相談。

後刻、刑事課から10月15日(火)午後に実況見分を行いたい旨の連絡を受ける。

 ・平成25年10月15日(火)に柏崎警察署による実況見分を受け、同日被害届を提
被害額

 ・31万4,310円

委員の質疑に対する当局の答弁は以下のとおりです。

・被害届が遅くなった理由は、クリーンセンターは3交代、24時間運転を行っている。場内には多くの業者も出入りしているので確認を行った為時間を要した。

・被害届けは、実況見分後でないと出せない、警察の日程で15日の実況見分になった。

・正門は、24時間施錠はしていない。正面玄関はゴミ焼却場が三交代なので門扉は閉めているものの、施錠はしていない。清掃車車庫棟については、オーバースライダー3つであり、パッカー車、大型ショベル(選定枝の積み込み作業用)、ペットボトル圧縮したものを置いてあった。鍵は閉めたり、閉めなかったりで、実態を把握していない。

 

私は、柏崎市は「新潟県柏崎市防犯まちづくり条例」平成22年月議会で制定し、防犯計画を策定して防犯に取り組んできているが、今回の対応は市民に防犯意識を喚起する意味からも適切な対応等はいえない。正門に今後も施錠をしないのであれば、防犯カメラ等を設置し、某反体制を強化すべき。また、全庁的にも防犯体制の見直しを図るように要望した。

 

また委員会として、にクリーンセンターを含めた防犯体制の強化を議会から要望するように議会運営委員会に提案することを提案し、議論の上、全員異議なく議会運営委員会に提案することになった。


柏崎市議会議員研修会のご案内

       開催日時  11月8日 午後6時30分より

       開催会場  柏崎エネルギーホール

       講演講師  井上 明彦氏  日本経済新聞社編集局産業地域研究所主任研究委員

       講演演題  「議会改革はなぜ必要か」



真貝維義 議会一般質問・代表質問のページ


柏崎市議会は通年議会を導入しました

柏崎市議会 議会改革の取り組み

常任委員会のユーストリーム公開を行っています。

コメントは受付けていません。

公明党広報
外部リンク
ブログバックナンバー
サイト管理者
柏崎市 真貝維義
tunayosi@cream.plala.or.jp