去る9月11日、県教育委員会は平成26年度県立高校等募集学級計画案平成26年度~平成28年度新潟県高等学校等再編整備計画案を公表しました。

26年度募集計画案によると長岡・柏崎地域では、柏崎高校が1学級減の4学級での募集になる計画案が示されています。

 

 募集計画案及び再編整備計画案によりますと、2013年に2万2,347人だった県内中学校卒業者数が、2016年は1,095人少ない2万1,252人となる見通しから、県教育委員会は学級減や統廃合が必要としています。

また、県教育委員会では、「9月県議会でご意見をいただき、10月の定例教育委員会で、すべての県立高等学校、県立中学校及び県立中等教育学校の募集学級についての議決を経て、正式な募集学級計画として10月末に公表する予定。」としています。 

先般開催された、柏崎高校同窓会の役員会(常任幹事以上)でも、この学級減の問題が取り上げられました。
役員会では同窓会として、県教育委員会に要望書を提出することを決定しました。

また、この問題に関しては既に、柏崎市小中学校PTAも県教育委員会に要望・質問書を提出しています。 

 高校は、教育環境等を総合的に考えると4学級を維持していくことが、最低必要条件ではないかと考えます。柏崎高校の学級減が将来の柏崎地域の高校再編を加速させるのではないかと心配する声が多いが。地域の教育力の低下のみならず地域の活力の低下に繋がることを心配する。
 


 


 県教育委員会の計画案についてはコチラからご覧いただけます。
   平成26年度県立高等学校等募集学級計画案。

   平成26年度~平成28年度新潟県高等学校等再編整備計画案。

コメントは受付けていません。

公明党広報
外部リンク
ブログバックナンバー
サイト管理者
柏崎市 真貝維義
tunayosi@cream.plala.or.jp