本日、9月定例月会議の一般質問の通告をしました。

柏崎の顔とも言える、駅前の再開発について。
夕張市も釜石市も人口減少から街が衰退した。柏崎の人口減少が加速度的に進んでいる。少子高齢・人口減少が自治体また地域における影響とその対策について。
マイナンバー(共通番号制度)法が先の国会で成立した。マイナンバー導入の準備、そして新たな行政サービスの展開について、以上3点を市長に質問します。

質問日と時間は、9月9日午後3時の予定です。
一般質問の通告内容は以下のとおりです。

1・柏崎駅前 旧日石加工跡地開発について
①旧日石加工跡地開発事業と柏崎市の基本的な考え方について
②総合計画と商工会議所等の要望・提案について
③旧日石加工跡地開発事業と柏崎市の果たす役割について

2・「少子高齢化・人口減少社会」柏崎市の課題と対応について
①総合計画後期計画の人口目標と今後の人口予測について
②「2025年問題」と少子高齢・人口減少が自治体経営に与える影響について
③人口減少・若者の人口流出対策について

3・マイナンバー(共通番号制度)導入と新たな行政サービスについて
①マイナンバーのメリットデメリット、導入の利点と課題について
②プッシュ型行政サービスと総合窓口サービス導入について
③証明書のコンビニ発行など新たな行政サービスの導入について

コメントは受付けていません。

公明党広報
外部リンク
ブログバックナンバー
サイト管理者
柏崎市 真貝維義
tunayosi@cream.plala.or.jp