本日、柏崎市民プラザ海のホールにて「公明党新潟県本部時局講演会」開催しました。
時局講演会は、平木だいさく公明党青年局次長(次期参議院選挙立候補予定者)を迎え、県本部より志田邦男県本部代表が出席をしました。

また、友党の自由民主党より、塚田一郎参議院議員、細田健一衆議院議員が平木だいさくさんの応援に駆けつけてくださいました。
 

私は、開会の挨拶で公明党の参議院選挙のキャッチコピー「安定が、希望です。」について、概要次のように述べました。 

日本の政治は、総理が毎年変わるなどして、政権が安定をしていませんでした。特に民主党政権では、リーマンショックなどにたいする経対策を打てずに、政治の不安定が景気の低迷や雇用不安などを引き起こし、更には社会保障制度の不安を呼んでしまいました。
政治の不安定さが、景気を低迷させ、雇用不安や社会保障制度に対する不安と不信を呼んでしまいました。この不安が消費を抑えデフレとなってしまった。
自公、安倍政権の最大の目的は、来るべき参議院選挙で過半数を取り、衆参のねじれを解消し政権を安定させ、日本を再生させる。
政治の安定が、経済を成長させ、雇用を促進し、国民が安心できる社会保障制度を構築する。本当の意味で政治が安定し、国民が希望を持って生活ができる社会を構築する。政治の安定が国民の希望を生む。これが公明党のキャッチフレーズの意味であります。

 
平木だいさくさんは、自身の経験を踏まへ、参院選挙に望む決意を次のように力強く語った。
 

いま、日本企業は、生き残りをかけて本当に必死の努力を続けています。銀行員、そして経営コンサルタントとして、国内外の多くの企業経営者・現場の方々とともに働いてまいりました。
その中で感じたこと。それは、政治は一体何をしているのだということです。ますます厳しさを増す世界経済の中で、日本経済を再び成長軌道にのせるためには、国をあげて構造改革に取り組むことが不可欠です。
規制緩和、成長分野への重点投資、官民一体となっての市場開拓など、なすべき課題は山積しています。景気回復・経済成長なくして日本再建はありえません。
私自身が日本と世界の「現場」を歩く中で培った視点と経験を、この国の未来を開くために活かしたいと考えています。とインドでの体験などを話されながら金融・財政のプロとして即戦力だとアピールをされました。
 

また、祖母の介護の手伝いを通して日本の介護サービスは複雑でわかりにく、日本の介護制度をわかりやすく、利用しやすい制度に改正することが必要と訴えました。 

日本の未来を拓く、平木だいさくにご支援宜しくお願いします。
 



 
「平木だいさくメールマガジン」 

 登録方法 |MAILMAGAZINE 

 平木だいさくの取り組みをお届けする無料メールマガジンです。
(※差出人メールアドレス :
hiraki.daisaku@komeinet.com)
パソコン用と携帯電話(モバイル端末)用アドレスのどちらでも登録できます。
 

 「平木だいさく 公式HP」
 
http://hiraki.komeinet.com/ 

  
∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽ 

これまでの議会一般質問・代表質問はコチラから
 

議会改革特別委員会の活動はコチラから
 

∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽ 

  

  
  

コメントは受付けていません。

公明党広報
外部リンク
ブログバックナンバー
サイト管理者
柏崎市 真貝維義
tunayosi@cream.plala.or.jp