柏崎市議会 議会改革に関する特別委員会(真貝維義委員長)開催。
通年議会導入を全会一致で決定。

一昨年より、特別委員会で議論を進めてきた通年議会(会期が1年となる)の導入を全会一致で決定した。
3月25日の本会議に、会期に関する条例改正案を特別委員会として提案し可決する予定。
通年議会導入により、5月1日に市長が招集した後は、議会の招集は議長が行うことになる。

通年議会の導入により会期は次のようになります。
(1)議会は、定例会の回数を年1回とし会期を通年とする。
(2)定例会の会期は、改選に合わせ通常は5月1日から翌年の4月30日とする。
(3)定例会初日は、6月、9月、12月の5日及び翌年2月20日(休日に当たる場合は、その日後においてその日に最も近い日とする。)

また、本会議の名称は「平成○年柏崎市議会第○回会議」と変更することになるが、会議録においては、(○月会議○日目)などわかりやすくする事とした。


通年議会導入により、専決処分が限りなく少なくなることから、議会のチェック機能がより充実する。会期が通年になることで、審議時間が十分確保できる。また、災害時の緊急対応や突発的な行政課題に議会が機動的に対応できるなどのメリットがあります。 
今後は、議会が柔軟に機動的に活動し、市民の付託により応えられるようにしていかなければなりません。

 
通年議会導入に伴い、「請願は受理後、議長権限により委員会付託する。」、会期が1年となり、「休会日がなくなることから「発言の取り消しは、当該会期中において発言があった日から7日以内とする。」などの議規則の改正を行うことも全会一致で了承され3月25日、本会議に条例改正を提案し可決する予定。

また、専決処分事項の指定のも了承され3月25日に議決を行う。休会日がなくなることから、一事不再議の運用について明文化をし、事情変更の適応を明確にした。

今後は、新年度に向け議会報告の開催や常任委員会の開催や議会基本条例制定に向けて市民の皆さんとの意見交換会の開催を予定している。
∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽

2月定例議会の日程はコチラから

これまでの議会一般質問・代表質問はコチラから

議会改革特別委員会の活動はコチラから

∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽

 

 
 

コメントは受付けていません。

公明党広報
外部リンク
ブログバックナンバー
サイト管理者
柏崎市 真貝維義
tunayosi@cream.plala.or.jp