Archive for 2013年 2月

本日、北朝鮮の核実験に強く抗議をする決議案を提出しました。
決議文は、下記のとおりです。


            北朝鮮の3度目の核実験に強く抗議をする決議(案)

去る2月12日、北朝鮮が3度目の核実験を強行した。
我が国並びに国際社会が北朝鮮に対し強く自制を求めてきたにもかかわらず、その反対を押し切って北朝鮮が核実験を強行したことは、国際社会の平和と安定に対する重大な脅威であり、断じて容認することはできない。
今回の挑発的行為は、先般1月22日の国連の安保理決議2087号をはじめとする一連の国連安保理決議に明確に違反するものであるとともに、日朝平壌宣言や2005年9月の6者会合共同声明にも違反するものである。
柏崎市議会は、今般の核実験を含む北朝鮮の度重なる行為に対し、強く抗議するとともに、日本政府に対し、米国、韓国をはじめ、中国、ロシアなど関係国とも緊密に連携し、国際社会と協力して、北朝鮮に対し、拉致問題、核実験、長距離弾道ミサイルの開発・発射といった諸懸案の解決へ向けて、具体的な行動をとるよう強く求める。また、関係諸国間の連携を促進し、安保理決議2087号に基づく制裁措置が実効あらしめられるよう強く求めるとともに、新たな制裁措置を含む安保理決議が具体化されるよう求める。
日本政府は今般の核実験実施に際し、関係各国と連携を図りつつ、北朝鮮に対し、拉致問題、核実験、長距離弾道ミサイルの開発情報収集、分析に努めるとともに国民に的確な情報提供を行い国民生活に混乱を来さないよう対応すべきである。そしてまた、今後も不測の事態発生に備え警戒監視等に万全を期すべきである。
また、拉致問題に関し、北朝鮮が08年に合意した再調査に未だ着手していないことにも鑑み、北朝鮮に対する我が国独自の追加制裁措置等についても検討をよう強く要請する。

                                                                                               以上、決議する。

理由
北朝鮮の核実験に強く抗議するため。

これまでの議会一般質問はコチラから

議会改革特別委員会の活動はコチラから

 

 本日、会派代表者会議を開催し、「議員間のトラブルに係る市議会の対応について」協議を行った。

 飯塚寿之議員と三井田孝欧議員が、昨年の3月8日未明に市内の飲食店で酒に酔ってもみ合いとなり、飯塚市議が首をねんざ、三井田市議が右手親指を骨折した。

 両議院は、警察に被害届を提出し、昨年暮れに不起訴処分が決定した。市議会はこれまでも会派代表者会議を開き、対応を協議してきたが、本日、下記のとおり決定した。

1 市民の信頼を損なったこと、議会の信用を失墜させたことについて、両議員が本会議において謝罪すること。

2 2月18日の2月議会本会議の冒頭で、両議員からの発言の申し出により、謝罪の発言を認める。

3 謝罪の発言については、500文字程度まで、3分以内とする。

4 謝罪の発言については、文章を読み上げるものとし、その内容(原稿)は事前に議長が確認をしておくものとする。

以上。

現在、議員倫理条例を2・3月議会に提案予定だが、この倫理条例案に準じる決定となった。 
これまでの議会一般質問はコチラから

議会改革特別委員会の活動はコチラから

公明党広報
外部リンク
ブログバックナンバー
サイト管理者
柏崎市 真貝維義
tunayosi@cream.plala.or.jp