本日、午後1時より総務常任委員会協議会を開催。

昨年の12月議会で報告説明のあった空き家対策条例についての意見交換を行った。
今回の委員会協議会開催は、先の当局の説明は、条例により危険と認められる空家については、「行政代執行」を行い空家の撤去行うとの説明があり、行政代執行の実効性や法的な裏付けなどを説明してほしいとの委員会よりの申し入れにより行われた。
* 所有者のない物件へ・相続放棄した物件の場合の対応。
* 立ち入り調査の法的な整理・・同意が得られない場合などの対応について質疑を行った。
* 解体や安全確保に補助金を出し撤去に成果を上げている自治体もある点等の意見を述べ当局の見解を聞いた。

他市でも条例に行政大執行を定めている自治体もあるが多くはない。
条例を定め、危険回避との観点からの代執行を行う点は評価をするが、実効性に関しては少し疑問が残る。


これまでの議会一般質問はコチラらから

議会改革特別委員会の活動はコチラから

 

コメントは受付けていません。

公明党広報
外部リンク
ブログバックナンバー
サイト管理者
柏崎市 真貝維義
tunayosi@cream.plala.or.jp