本日11時より、会派代表者会議を開催。昨年12月に不起訴処分が出た2名の議員に対する対応を協議。
事務局より新聞報道であった通りの報告がなされた。また、三井田議員からは被疑者に対する不起訴処分の告知(刑訴259条、事件事務規定73条1項)による告知書が事務局に提出されたいること、飯塚議員には、提出を求めているとが報告された。

社会クラブ、柏崎のみらいからは、不起訴処分が出た以上、これ以上は時間をかけるべきではない。結論を出そうとの意見があり。
政風会、共産党議員団、公明党からは、今回の処分では何も事実関係がわからない。もう少し事実関係を分かるようにしてから結論を出すべきとの意見が出た。
私から出来るなら両議員より、告訴人等に対する不起訴理由の告知(刑訴261条、事件事務規定73条2項)書面を提出してもらったらどうかと提案し、
両議員に議長より要請することとなり、結論は先送りとなった。


これまでの議会一般質問はコチラから

議会改革特別委員会の活動はコチラから
 

柏崎市議会「東日本大震災で発生したがれきの受け入れに関する決議」はコチラから

コメントは受付けていません。

公明党広報
外部リンク
ブログバックナンバー
サイト管理者
柏崎市 真貝維義
tunayosi@cream.plala.or.jp