平成24年第6回12月定例会最終日、提案された議案の採択が行われた。
また今朝開催された議会運営委員会に、ごみ処理施設大規模修繕に関わる契約の不祥事に関して、市長・副市長減給処分とあわせて、3件の契約追認議案の議案を本日追加提案するとの報告なされ、議運で協議の結果了承された。

追加提案された議案は以下のとおり。

 議第143号 特別職の給与に関する条例の一部を改正する条例
 議第144号 契約の締結に係る追認について(平成22年度ごみ処理施設大規模修繕)

 議第145号 契約の締結に係る追認について(平成23年度ごみ処理施設大規模修繕 )
 議第146号 契約の締結に係る追認について(平成24年度ごみ処理施設大規模修繕)

 議題143号 は全会一致で、議題144号から146号についての追認議案も全会一致で採択された。

 提案された議案及び採択の結果はコチラからご覧ください

 また、議案追加で議会運営委員会発案で「北朝鮮のミサイル発射に強く抗議する決議(案)」が追加議案として承認するかの採択の後、全会一致で可決をされた。
 議運では、拉致問題に関して文言を削除しミサイルの抗議だけにとどめるべきとの意見を述べる会派もあった。
 私は、「柏崎は拉致問題と深い関わりがある、拉致のことを米国や韓国ましてや中国・ロシヤが強く取り上げているか、日本政府が取り組むべき問題であり、ミサイルと同じく国家の主権に関わる問題」と主張をし拉致問題の文言を明記した決議文となった。 
 
 
私が提案した、議員発案第7号 「柏崎市長初め市職員の法令遵守を強く求める決議(案)」を追加議案にとして認めるかが諮られ、賛成多数で追加議案として採択され、賛成多数で可決となった。

 

コメントは受付けていません。

公明党広報
外部リンク
ブログバックナンバー
サイト管理者
柏崎市 真貝維義
tunayosi@cream.plala.or.jp