地方自治経営学会春の研究大会、『明日の日本、明日の地方自治 その課題と方向』 をテーマに5月16日 ~ 5月17日の2日間、 お茶の水 明治大学アカデミーコモン棟 3F アカデミーホールを会場に開催。

地方自治経営学会への参加は2年ぶり。昨年は東日本大震災の被災者対応で参加を断念した。

地方自治経営学会会長 片山善博前総務大臣は開会の挨拶で、「民主党は政権交代の一丁目一番地を地域主権改革と位置付けていたが、最近は如何も希薄になっている。マスコミも国政に比べ地方自治について報道をしない。」「違法には格差社会の拡大、貧困、教育等々課題が山積している地方議会は憲法で設置を謳っている機関である。」旨の地方自治と地方議会の重要性を話された。
 

 

 

 

 

 

 

本日、最初のプログラムは「大阪都構想策定の新しい動きと問題」。
《テーマ》「大阪都構想策定の新しい動きと問題」  
     -主に政令指定都市問題について-        

パネリストは谷隆徳日経新聞論説委員、飯尾潤政策研究大学院教授、青山彰久読売新聞編集委員、コーディネートは山下茂明大教授。

青山氏、「大都市問題は、政策、制度、政治の側面から考えるべき」「府や県のやることがなくなってきている。以前は大都市部からあがった税収を地方部へ再配分していたが、公共事業減もあり、その機能も今やほぼない。」。
飯尾潤氏、「大阪については、とにかくポビュリズムだという批判と、邪魔するなという話が多く、中身の議論がきちんとされているのか。賛成反対を含めて中身を議論し、わかった上で判断することが大事。」と話した。

 」

 

 

   午後のプログラムは『地方議会の改革』徹底討論

議会改革の先進地の議長が登壇しての討論が行われたが、多摩市議会の折戸議長「8期目になるが、最初から一問一答だった。最近、1問目の答弁を事前に手にして再質問をするのでさらに深まるようになった」。との発言は大変に興味ある発言。当局との議論がさらに深まるのではないか。
佐賀市議会の福井久男議長からは、議会による事業評価の事例が報告された。議会による義行評価・事業仕訳、チェック機関として行うべきと日頃考えていたが、是非視察に行きたい。  

廣瀬克哉法政大学教授から議会改革の討論について講評があったが、「全国的な議会基本条例制定済みの議会は250、議会報告会(意見交換会)含め市民との直接対話の機会のある議会は350、一問一答は6割以上が採用。」党の議会改革の現状が報告されたが、「議会報告会」という名称が、市民との対話の場であり、市民が議会に対して一般質問できる場というイメージが浮かんでこない面がある。
実態を示した名称を含めて市民に示すことが必要になってきているのでは。市民と議会双方の学習機会であり、それぞれが自分たちの責務、権限について確認する場になる。これらがお互いに理解できる名称にすることが大事ではないかとの指摘がなされた。
名は体を表すである。議会報告会の名称を変えることで参加者も増えるかもしれない。


 本日の最後のプログラム《テーマ》「-二元代表制下で求められる地方議会-その改革の方向」

 最初に、坪井 ゆづる(朝日新聞論説副主幹)が「なくそう3ない議会」と題して講演。
坪井氏は、「昨年の統一選前に『修正しない、提案しない、公開しない』の三ない議会特集をした。≪ダメ議会三冠王≫という名称を提案したが、それは厳しいとなって≪三ない≫となった。全国の36%が≪三ない≫だったが、三つともゼロだけなので、実質は殆どが三ない議会だと指摘。
首長提案には自分たちの意見が入っているから修正なしだというのはおかしい、という議員の声を多数受けたが、オモテで修正議論しなければ意味がない。一般市民に分かるようにしないと議会としての説得力を持たない。
首長選挙で候補者が議会定数を削ると言うと人気が出るということはかつてなかったこと。住民が、議会は今のまんまである必要はないと見ているということ。定数も圧倒的に減っている、なのにさらに減らせと言われている議会。
最終決定権を持っている議会が住民とリンクしていなければ、地方自治は機能しないとの話に、地道に議会改革をし住民理解を得るしかないと感じた。


最後の登壇は、片山善博会長の講演
 片山 善博(地方自治経営学会会長・慶應義塾大学教授)「地方議会改革の視点」

片山善博氏は、「亀岡の悲惨な交通事故は、それぞれの地域の教訓としてほしい。ああいう現場は全国どこでもある。膨大な公共事業、特に道路事業をやってきたのに、白線しかない道路が改修されていないことは反省しなければいけない。予算の振り向け先が本当に適切だったか。 生活道路でリスクの高いところの整備をしなければならない。 生活道路が県道だというのも問題の背景にある。」

「自分たちで決められない道である問題。市町村道にすべき。市道が県道になって昇格祝をする感覚のおかしさに気づくべき。 警察は都道府県、交通規制も市町村道であれば議論できるはず。地域で話し合って最適な状態にすることが自治。」
片山氏さんから2点目指摘、議員は政策情報はどこから得ているか。自ら動いて手に入れることが大事。
指定管理制度は住民サービスの質向上の為なのに、コストカットのツールだけになっている。非正規雇用だから単価が安くなりよかったと言っているが、本来は質の向上。図書館の指定管理なんて見識を問われる。
光を注ぐ交付金は、光があたらなかったところに一千億円つけたが、翌年度の経常経費をカットしたネコババ自治体がある。首長は都合のいい情報しか出さない。議会改革はこつこつやるしかないが、市民が変だ、と思う点は変えるべきと話した。
 
また、会派拘束も市民感覚から見ればおかしい。「私は反対だが、会派で…」と言うなら、会派をやめたらいい、と市民は考えている。議員内閣制の国政と違い、地方議会では基本的に議員個々が自分で判断すべきとの講演に議員としての活動と議会としての活動を改めて考えなければならないと感じた。

 本日のプログラムは、下記の通り。

 <開会挨拶>
  片山 善博(地方自治経営学会会長)
  市川 宏雄(明治大学専門職大学院長)
 
9:50~11:40
 《テーマ》「大阪都構想策定の新しい動きと問題」
  
     -主に政令指定都市問題について-
        「大阪都構想」や新しい「地域政党」
        (大阪府・市一体化) (大阪維新の会)
        果たして今後どう進むか
        県と市の二重行政の解消は、果たして進むのか
        政令指定都市等の今後の方向は
           その実現可能性は、その法律改正は

   《講演と討論》
  谷 隆徳(日本経済新聞社編集委員兼論説委員)
  飯尾 潤(政策研究大学院大学教授)
  青山 彰久(読売新聞編集委員)
 
    <司会・進行>
  山下 茂(明治大学教授)

 
13:00~17:10
 地方議会の改革徹底討論

(第1部)《討論》
  《テーマ》「地方議会の改革、こう進める(具体例)
      その苦心、苦労、成功例(改革の前進)、反省点 今後どうするか」

  《討論テーマ》
  「1.議会運営の改革」
  ・一問一答方式の導入
  ・議員間の自由討論
  ・市長等の反問権
  ・正副議長立候補制の導入
  ・通年制の議会へ

  「2.議会と住民との関係の改革」
  ・議会報告会の開催(議会と市民との意見交換)
  ・議案に対する全議員の賛否の公開
  ・議員提案の条例

  「3.議場の形の改革」〈参考〉
  ・円形型
  ・対面式

  「4.全般的にみて」
  ・「議会の改革」への動きとそのキッカケ、またその“動き“はほんものか
  ・議会基本条例、これで議会が大きく変わったか、形だけの基本条例か
  ・議会内で議会改革派は少数、多数は無関心、不熱心、どうするか
  ・議会事務局(長)の問題――議会改革を進める重要な役割
     (その人選)
  ・10数年前に比べて、議会は、どこがどう変わってきたか、前進してきたか
  また、議会に対する住民の意識は、どう変わってきたか、変わっていないか
 

 <コーディネーター>
坂田 期雄(東洋大学名誉教授)

<発表者(回答者)〈討論者〉  1人1回1~2分>
・会津若松市議会議長 目黒章三郎 ・佐賀市議会議長  福井久男
・三重県議会議長    山本教和 ・岡崎市議会議長  坂井一志
・犬山市議会議長    山田拓郎 ・多摩市議会議長  折戸小夜子

 

 <質問と討論者>
①壇上での質問、討論者
  坂田 期雄(東洋大学名誉教授)
  伊藤 圓子(八戸市議会議員・元副議長)
  塔本 正子(逗子市議会議員・元副議長)
  上橋  泉(柏市議会議員)
  
②次の第2部の講演者やフロアーからも質問
  坪井 ゆづる(朝日新聞論説副主幹)
  片山 善博(地方自治経営学会会長・慶應義塾大学教授)
  フロアーから

15:55~16:10 <講評・意見>

上記までの議論・問題提起を踏まえて
  広瀬 克哉(法政大学教授)

 
16:10~17:10
 (第2部)《講演》

《テーマ》「-二元代表制下で求められる地方議会-その改革の方向」

 <発表者>

 坪井 ゆづる(朝日新聞論説副主幹)
    「なくそう3ない議会」

 片山 善博(地方自治経営学会会長・慶應義塾大学教授)
    「地方議会改革の視点」

コメントは受付けていません。

公明党広報
外部リンク
ブログバックナンバー
サイト管理者
柏崎市 真貝維義
tunayosi@cream.plala.or.jp