長岡市議会、三条市議会、柏崎市議会の3市議会による、震災がれき処理受け入れに向けての現地視察の2日目、女川町廃棄物選別処理施設の視察を行った。 
  女川町廃棄物選別処理施設は、東京都及び財団法人東京都環境整備公社が復興に向け宮城県と協定を結び震災がれきを都内自治体や民間業者と協力し粉砕、選別、、搬出、焼却処理をするための処理施設として設置をされた。 
  なぜ、東京都が女川町の震災がれきを処理することになったか。
 財団法人東京都環境整備公社から派遣をされている現地担当者の説明では、女川町は、リアス式海岸の典型的な地域で、平地部が少なく震災がれきを民有地に積み上げている。
民有地に積み上げられたがれきを処理しない限り、被災地・被災者の復興はあり得ない現状を考慮し、女川町の震災がれき処理に協力することとなった旨の説明があった。

 女川町廃棄物選別処理施設の概要及びがれき処理の流れは、財団法人東京都環境整備公社作成のDVDを見せて頂き、、女川町のがれきの概要、施設の処理内容、放射能管理など大いに理解ができた。
 財団法人東京都環境整備公社作成のDVDと同じ内容のものが公開されている是非ご覧をいただきたい。

下記のURLをクリックすることで、女川町の現状また施設の概要ご覧いただけます。
http://www.kankyo.metro.tokyo.jp/resource/disaster-waste/vision.html

コメントは受付けていません。

公明党広報
外部リンク
ブログバックナンバー
サイト管理者
柏崎市 真貝維義
tunayosi@cream.plala.or.jp