下水道工事現場転落事故裁判で柏崎市が控訴を決定し、4月9日の臨時議会開催を議会運営委員会で了承した。
 私から、控訴するに当り、一審の争点や今後の裁判の行方などを弁護士から説明を受けたいとして、参考人として委員会へ弁護士の出席を求めた。
 議会運営委員会の出席委員からは異論なく、初の委員会への参考人招集となった。

 今回の臨時議会では、去る3月28日に判決の出た、市の下水道工事現場の溝に市内男性が転落した事故をめぐる裁判の一審判決で、被告の市・施工業者に1222万円の賠償支払いが命じられたことを受け、市側はこれを不服として控訴する方針を決めた。
 市の控訴には市議会の議決が必要なため、本日の議会運営委員会で臨時議会の開催を決めた。控訴期限は11日まで。

 今回の臨時議会では、この「控訴の提起について」の議案の他、平成24年度一般会計補正予算第2号、平成24年度国民健康保険事業特別会計補正第1号、平成24年度下水道事業会計補正第1号、3件の専決処分などが提案される。

コメントは受付けていません。

公明党広報
外部リンク
ブログバックナンバー
サイト管理者
柏崎市 真貝維義
tunayosi@cream.plala.or.jp