泉田県知事・篠田新潟市長をはじめ多くの来賓を迎え、新潟県本部主催の賀詞交歓会が開催をされた。
党本部より草川昭三副代表・漆原国対委員長長沢広明参議院議員が出席をした。

  草川副代表は、東日本大震災時の際に、首都圏などで多くの帰宅困難者が出たことを踏まえ、帰宅困難者の受け皿となる学校耐震化などを公明党がいち早く進めていることを強調。「難局を乗り切るには公明党」と訴えた。
  漆原国対委員長は、政府・民主党の社会保障・税一体改革素案について「公務員給与や国会議員の歳費削減など『身を切る改革』をやらないで、国民にだけ負担を押しつけるやり方は断じて認められない。国会で厳しく政府を追及していきたい」と決意を述べた。

コメントは受付けていません。

公明党広報
外部リンク
ブログバックナンバー
サイト管理者
柏崎市 真貝維義
tunayosi@cream.plala.or.jp