本日、9月議会一般質問の通告を行いまいた。
今回の一般質問は第四次総合計画後期基本計画の策定するに当たって、少子高齢化・人口減少社会の進展の中、当市も人口減少に歯止めがかからない現状を踏まえ、「人口減少社会とまちづくり作りをテーマ」に柏崎市の抱える課題やまちづくりに与える影響。そして目指す柏崎市の都市像。市民参加と予算の公開。厳しい財政運営の中財政分析と持続可能な財政運営についてを質問を行います。
通告内容は以下の通りですが、過去の議会一般質問も映像は、柏崎市議会HPよりご覧いただけます。

 9月議会一般質問通告内容
1・第4次総合計画後期計画策定の基本方針について
① 第4次総合計画後期計画策定の課題と基本方針について
要旨 東日本大震災や少子高齢人口減少社会の進行など、環境の変化による課題と総合計画策定の基本方針について。

②第4次総合計画後期計画の目指すもの
要旨 GHNや荒川区のGAHのような視点での計画策定及び施策の展開について。

 
2・第4次総合計画後期と人口減少社会対応について
① 総合計画後期計画の人口目標の設定見直しについて
要旨 少子高齢人口減少社会と総合計画の人口設定について、人口目標について。

② 人口減少社会が自治体に与える影響について
要旨 少子高齢人口減少社会は、公共施設の統廃合や財政などへの影響が指摘をされている。人口減少による自治体への影響について。

③ 第4次総合計画後期計画における人口減少対策について
要旨 少子化・人口減少にそのように歯止めをかけるのか。若者の流出、特に女性の流出防止対策など人口目標達成への取り組みついて。地域産業への影響について。 

3・第4次総合計画と行政経営について
①予算編成と行政の見える化について
要旨 他の自治体では予算編成の過程がHPなどに公開されている。市民に分かりやすい行政運営を目指す柏崎市として予算編成過程の公開について。

②総合計画の事業計画に連動した財政計画の策定について
要旨 持続可能な自治体系を目指した、財政計画の策定と総合計画の事業計画に連動した財政計画の策定について。

③実質公債費比率と健全財政運営について
要旨 当市の財政の課題と実質公債費比率25%を超えない財政運営の見通し。実質債務残高倍率・債務償還可能年数・実質経常収支比率と財政分析について。

 

コメントは受付けていません。

公明党広報
外部リンク
ブログバックナンバー
サイト管理者
柏崎市 真貝維義
tunayosi@cream.plala.or.jp