党員の皆さんと共に、柏崎刈羽原発の安全対策及び放射能についての勉強会を開催。
東京電力より、福島第一原発の状況の説明、そして柏崎刈羽原発の津波対策等の安全対策の説明を受けた。その後、放射能についての説明をパワーポイントにて行なっていただいた。
放射能については放射線測定器を使い説明会場の放射線量、御影石や肥料などに含まれる放射能の測定を行い自然界の放射能について背ツメがあった。そしてまた、この自然由来とも言うべき自然界の放射能。これらにより野菜などに放射能が取り込まれることなどの説明など、そして100ミリシーベルトを超えるとがんの発症率が5%上がるなどの説明を受けた。

参加者からは、何時になったら、避難者は帰れるのか。米など農作物へのセシウムの影響などの質疑があった。

私からは、福島原発の一日も早い事故の収束、柏崎刈羽原発の安全性の向上を申し上げた。

9月6日より9月議会がはじまります。今回は人口減少から見た総合計画の策定・財政計画。下水道料金の料金改定(値上)と農村集落排水との統合の問題・・・これらについて一般質問を行なう予定です。

コメントは受付けていません。

公明党広報
外部リンク
ブログバックナンバー
サイト管理者
柏崎市 真貝維義
tunayosi@cream.plala.or.jp