柏崎市議会は昭和54年、市議会議員選挙及び市長選挙における選挙公報の発行に伴い公設掲示板以外のポスターの掲示を自粛する決議を賛成多数で可決をし、その後の選挙でポスター自粛の申し合わせを行ってきたが、最近この申し合わせが形骸化している。
私の提案で、本年四月の市議会議員選挙に向け改めて議会議決を行うことが議論されていたが、東北地方太平洋沖地震の被害が甚大であることから被災地の復旧支援、被災者支援を第一として、燃料・ガソリンの消費を抑えることが必要との意見がまとまり、選挙ポスターの掲示の自粛と併せて選挙カー自粛の決議が賛成多数で可決された。

決議文は下記のとおり

柏崎市議会議員選挙における選挙活動に関する決議

 選挙ポスターを決められた場所に整然と掲示することは、まちの美観を守り、交通安全を確保するためにも重要なことであります。
 このため、柏崎市議会は、昭和54年の市議会議員選挙に当たって、市議会議員及び市長選挙の際に候補者の政見、写真を掲載した選挙公報を発行する条例を満場一致で制定をしました。
 あわせて、選挙ポスターを公営掲示場以外に掲示することは自粛するという「公営選挙推進に関する決議」を賛成多数で決議し、その後の市議会議員選挙において、選挙ポスターの公営掲示場以外への掲示を自粛することを申し合わせてきたところであります。
 しかしながら、近年、この申し合わせが形骸化している感があります。
 よって、柏崎市議会は、平成23年4月に行われる市議会議員選挙において、選挙ポスターの公営掲示場以外への掲示は自粛することを改めて申し合わせるものであります。
また、3月11日発生した、「東北地方太平洋沖地震」の被害は甚大であり、被災地からは、燃料・ガソリンや生活支援物資の不足の声が上がっております。
今は、国を挙げ被災者の支援、復旧を目指すときであります。柏崎市議会としても震災支援を第一として燃料・ガソリンの消費を少しでも抑える意味からも、選挙運動用自動車の自粛を申し合わせるものです。

以上、決議する。

 

 

コメントは受付けていません。

公明党広報
外部リンク
ブログバックナンバー
サイト管理者
柏崎市 真貝維義
tunayosi@cream.plala.or.jp