署名にご協力ありがとうございました。

 2月9日、7736名の署名簿と共に、会田市長に「『すべての人が安心して暮せる地域』の実現を求める要望書」を提出しました。
 高齢化が急速に進む中、移動手段がない高齢者を中心とする「買い物弱者」が増えており、また昨年夏、大きな社会問題となった「地域から孤立化する高齢者」が増える中で、地域全体で高齢者を支えるネットワークづくり、高齢者や障害者、すべての人が在宅で安心して暮らせることが、地域福祉の新しい要請であります。
要望書は、(1)すべての人が安心して地域で暮らすことができる地域福祉計画の策定。(2)地域における見守り・外出・買い物などの生活支援サービスの充実。(3)地域包括支援センターを中心とした地域見守りネットワークの充実。(4)地域の在宅医療を支える訪問介護ステーションの充実。これらの4点を求める内容となっています。

本年1月より約1月間で7700名を越える署名が集まったことを紹介し、「買い物に行くことができない老人が多いこと、高齢化の進むなか市民の関心と要望が非常に高いことを改めて感じた。」と市長に報告した。

会田市長は、「大事なご指摘をいただいた。高齢化が進んでいる地域福祉計画の柱にしたい。」、買い物弱者については、「交通機関だけでなくさまざまな角度で検討したい。」、訪問看護ステーションについては、「訪問看護はマンパワーの確保が大事。看護士の確保に助成金制度を検討したい。」と要望に応えた。

署名に協力をいただいた皆さんに心より感謝と御礼を申し上げます。要望事項の早期実現を目指し決意も新たに頑張ります。

“7736名の署名 柏崎市長に提出” に コメントが1件あります。

公明党広報
外部リンク
ブログバックナンバー
サイト管理者
柏崎市 真貝維義
tunayosi@cream.plala.or.jp