Archive for 2008年 6月 23日

特定非営利活動法人「転輪太鼓」主催 協力・勝川駅前通商店街振興組合で開催された 『KASUGAI(かすがい) Don(どん) Doko(どこ)フェスタ7 
「打てば響く僕等の思い!届け四川の空へ」』に参加をしてきました。

今回のイベントはチャリテーコンサートを通じ義援金とし中国四川省の子供達の支援に役立てる事を最大の目的として企画をされ、義援金は直接中国大使館に届ける計画です。

6月14日発生した岩手・宮城内陸地震で被災された方々に心よりお見舞い申し上げると共に亡くなられて方々のご冥福を心よりお祈り申し上げます。
今回のイベントは、以前より企画をされていたものです。主催者も岩手・宮城内陸地震の被災者の方々へも激励のみんなの思いが届けとの強い思いでの開催となった。

特定非営利活動法人転輪太鼓は、子どもを中心に、和太鼓と武道を基本に、「子どもの健全育成」「文化の交流と伝承」等を中心に各事業を行い、子供たちの教育・健康・安全の向上と、それを取り巻く地域の大人達を元気付けることを目的として活動しています。
平成16年の新潟県三条市水害・中越地震・平成17年豪雪・平成19年中越沖地震等々の災害時に真っ先に被災地に来ていただき、被災者特に被災児童を、和太鼓のコンサートで激励し、直接子供達との交流を通して被災地の応援、支援活動を行ってきている。柏崎でも小学校や保育園12会場で支援コンサートを開催していただいた。

今回のイベントは、「転輪太鼓」主催、勝川駅前通商店街振興組合協賛で勝川駅北口公園広場において、東京国際和太鼓コンテスト(青少年の部)全国大会2年連続出場決定の実力派子ども和太鼓軍団 転輪太鼓風雲児(4歳から13歳)の子供達が四川の子供達への義援金を集めるため、チャリティーコンサートや中国音楽・中国武術・外国人クラッシック歌手・アクションクラブ有志によるアクションショー・震災児童サポートカクテルフレアーショーなどと和太鼓のコラボライブを開催予定でしたが、残念ながら後半の外国人クラッシック歌手・アクションクラブ有志によるアクションショーなどと和太鼓のコラボライブは雨のため中止となりました。
しかし、転輪太鼓風雲児のパワーあふれる演奏や全国大会に出場する組の演奏に会場は大いに盛り上がりました。

私たち(私と遠藤清市議会議員)は次のようなテーマで転輪太鼓代表理事 國分光一郎さんのコーデネートで下記のような企画でトークをさせて頂きましたが、先ずは中越沖地震や中越地震等で全国の皆さん、愛知の皆さん春日井市の皆さんにお世話になった御礼を述べる機会を与えて頂いた事に感謝の思いで話しをさせて頂きました。

〜私達だから分かる〜「現場からの報告」
新潟県柏崎市中越沖地震体験者が生で語る

1「四川の子供達に今何が一番必要なのか!」
2「震災と核の恐怖」
3「震災への本当の備えとは」

震災被災直後、3日後、1週間後、1ヵ月後、3ヵ月後、半年1年後と被災者の必要とする物資や支援のあり方。高齢者等への支援のあり方。子どもたちは特に精神的なケアのあり方等を中心に、そして災害直後の家族間での連絡の取り方等をお話しさせて頂きました。
終了後、イベントを見に来ていただいていた方々から、御礼や「よい話を聞けた。」「ためになった。」などの声をかけられ恐縮しましたが、地域で防犯防災活動を行っているという方から「是非、私たちの取り組みの力になって欲しい。」などのありがたいお声がけもいただきました。

春日井市商店街連合会の水野副会長からは、商店街活性化の手段としてのイベントの継続性や空き店舗が出ると商店街が仲介役などをやりながらの空き店舗対策などについてお話を聞かせていただいた。
転輪太鼓代表理事 國分光一郎さんはじめスタッフや関係者の皆さんご苦労様でした。そしてありがとうございました。
全国大会日本一勝ち取ってください。応援してます。

公明党広報
外部リンク
ブログバックナンバー
サイト管理者
柏崎市 真貝維義
tunayosi@cream.plala.or.jp