Archive for 2008年 6月 16日

中越沖地震後初めてのえんま市は、午前中から大勢が繰り出した。
土・日曜と重なって天候にも恵まれ、2日間で約18万3700人の人出でにぎわった。
中越沖地震で大きな被害を受けたえんま通り(旧本町7丁目)には露店がずらりと並び、向拝(ごはい)、堂内の応急復旧を行ったえんま堂にも参拝客が訪れ、本格復興を祈る姿が見えた。

えんま市」は新潟3大高市(たかまち)の1つ。もともとは「馬市」が起源だが、現在は各種露店が「市」をなす。市露店管理委員会によると、出店数は、一般露店が他市の縁日と重なったため、昨年より約60軒少ないとはいうものの426軒を数えたのをはじめ、植木33軒、瀬戸物4軒、金魚2軒、自宅前出店2軒とのこと。

今日、6月16日は新潟地震から44年目に当たる。
44年前えんま市に出かけ地震にあった事を思い出す。平成16年10月23日の中越地震。昨年7月16日の中越沖地震。私のように3回の地震に被災した方も多い。色んな思いが去来をするが全国の皆さんの支援でここまで来た。
支援をして頂いた皆さんにお応えできる様な復興を成し遂げなければならない。

また14日の岩手・宮城内陸地震の被害も明らかになるにつれて大きくなる。
被災をされた皆様に心からお見舞い申し上げると共に亡くなられた方々のご冥福を心より御祈念申し上げます。

公明党広報
外部リンク
ブログバックナンバー
サイト管理者
柏崎市 真貝維義
tunayosi@cream.plala.or.jp