Archive for 2007年 8月 29日

都議会公明党が、今後の支援に加え、東京都の大きな課題である震災対策を検討することを目的に現場視察を行った

都議会公明党の石井義修議員団顧問ほか友利春久、小磯善彦、鈴木貫太郎、吉倉正美、上野和彦、高倉良生、遠藤守の各都議が柏崎入り。私、真貝維義と若井恵子議員が案内役を務めた。

都議団より柏崎商工会議所や被災商店街等の現地を見ていただき、復興への要望を聞いた。

初めに柏崎商工会議所を訪問。会議所は松村保雄会頭はじめ全副会頭より出席をしいていただいた。
松村会頭からは、「首都圏からの視察団は公明党都議会が初めて」と歓迎の挨拶をいただいた。
被害状況の説明では、中心商店街が損壊し、1店当たり平均513万円の被害があることや、東京電力柏崎刈羽原子力発電所に関連した風評被害の深刻さを強調。「柏崎は被害者なのに県内の皆さんからは加害者のように思われている感もある。」との発言もあった。同原発が東京の消費電力の大きな部分を占めてきたこともあり、「都知事が柏崎に来て『原発は安全だ』と言ってほしい」との発言もあった。

大きな被害を受けた「えんま通り商店街」や宅地被害が大きく避難勧告が出された山本団地を視察。
また仮設住宅を訪問し入居者から「宅地の復旧と住宅再建への支援策を公明党にお願いしたい」との要望を受けた。

商工会議所の要望や被害状況を踏まえ市役所で田村史朗危機管理監、会田洋市長と意見交換した。
終了後、石井顧問は「国も含め、さらなる支援が必要だ。次の都議会で取り上げていきたい」と述べた。

国に大きな影響力のある東京都。商工会議所も市も都議会公明党に期待をする。

柏崎は電気の生産地で東京は消費地。 生産地の発電が止まり電力不足の可能性もあり、東京電力は稼動停止をしていた火力発電等の稼動を行っている。

暑い夏、地球温暖化の影響か。火力発電によるCO2排出増大の話は何処からも出ない。
国策に協力し、首都圏の電力を支えている生産地柏崎の苦労が、報われるような支援策を考えねばならない。

格差が問われる昨今、柏崎の復興はとても柏崎市だけでは成し得ない。
トヨタ自動車の生産ラインさえ止まった災害の今だからこそ、地方と中央。エネルギーとライフスタイルなどについて議論が深まって欲しい。

新潟沖地震 リンク

新潟県中越沖地震 再建へ歩む<1>
http://www.komei.or.jp/news/2007/0809/9415.html

新潟県中越沖地震 再建へ歩む<2>
http://www.komei.or.jp/news/2007/0810/9427.html

新潟県中越沖地震 再建へ歩む<4>
http://www.komei.or.jp/news/2007/0814/9445.html

新潟県中越沖地震 再建へ歩む<5>
http://www.komei.or.jp/news/2007/0815/9451.html

新潟県中越沖地震 再建へ歩む<6>
http://www.komei.or.jp/news/2007/0816/9458.html

新潟県中越沖地震 再建へ歩む<7>
http://www.komei.or.jp/news/2007/0817/9466.html

新潟県中越沖地震 再建へ歩む<8>
http://www.komei.or.jp/news/2007/0818/9471.html

新潟県中越沖地震 再建へ歩む<9>
http://www.komei.or.jp/news/2007/0820/9478.html

住宅支援で冬柴国交相
被災前と同じ地域に 中越沖地震で見
http://www.komei.or.jp/news/2007/0808/9403.html
風評被害を防げ/住宅再建の支援強化も
被災者支援法の見直しで官房長官
「柔軟な対応を指示」/党対策本部が申し入れ
http://www.komei.or.jp/news/2007/0810/9418.html

公明党広報
外部リンク
ブログバックナンバー
サイト管理者
柏崎市 真貝維義
tunayosi@cream.plala.or.jp