Archive for 2006年 10月 13日

本日、開催された議会運営委員会で北朝鮮の地下核実験に対し柏崎市議会として金正日国防委員長に抗議文を発送することを決定した。
北朝鮮の地下核実験に対して、毅然たる姿勢で強く抗議をすべきである。
柏崎市は拉致被害の当時者としてまた原子力発電所の立地市として、今回の北朝鮮の暴挙を断じて許すことはできない。

北朝鮮の行動はわが国のみならず、北東アジアおよび国際社会の平和と安全に対する重大な脅威であり、核の不拡散体制に対する深刻な挑戦である。
政府は、関係諸国と力をあわせ北朝鮮に核兵器および核兵器核計画を放棄することを求めるべきである。
また、唯一の被爆国として、すべての核実験に反対する立場を明確にし、今こそ核廃絶へリーダーシップを発揮すべきだ。

柏崎市議会の金正日国防委員長に対する抗議文は以下である。

 朝鮮民主主義人民共和国
 国防委員長 金  正 日 様

抗  議  文

貴国の平壌放送により10月9日正午頃、貴国が地下核実験を実施したとの報に接した。
これが事実とすれば、このような貴国の行動は、我が国のみならず、北東アジア及び国際社会の平和と安全に対する重大な脅威である。
これは核兵器不拡散条約(NPT)体制に対する重大な挑戦であり、また、日朝平壌宣言や六者会合の共同声明に違反するものである。
今、国連安全保障理事会では、貴国の核実験発表に対する制裁決議が協議されているところであるが、先日の議長声明など国際社会が一致して自制を求めていたにも拘わらず実験が強行されたことは、仮にこれが事実だとすれば、極めて遺憾であり、貴国に対し厳重に抗議する。
柏崎市議会としては、貴国の核兵器開発の即時放棄を強く求める。

                          平成18年10月13日
                          日本国 新潟県
                          柏崎市議会議長 霜 田  彰

公明党広報
外部リンク
ブログバックナンバー
サイト管理者
柏崎市 真貝維義
tunayosi@cream.plala.or.jp