平成30年第1回定例会が2月22日(木)に招集されました。
私が所属する区民委員会と行財政改革特別委員会、
さらに平成30年度品川区予算特別委員会について
主な議題を報告します。
【区民委員会】
2月26日(月)10:00開会
「中小企業事業資金融資あっ旋条例」の一部改正について審議しました。
内容は中小企業への融資資金を拡充するものです。
企業経営の血液である資金繰りへの支援拡充に繋がる条例改正であり、
可決すべきものと判断しました。
区民委員会としても全会一致で可決しました。
 

【行財政改革特別委員会】
2月28日(水)10:00開会
はじめに羽田空港機能強化に関する新飛行ルートに関する請願2件・陳情1件を審査しました。
当委員会では、これまで同様の新飛行ルート案に反対する請願・陳情を審査してきました。
今回も騒音や落下物などへの不安に対して、これまでと同様の議論がなされました。
会派としては現時点で結論を出すのではなく、国交省の説明に対する区民の理解がどうなのか
継続して注視していく姿勢ですが、委員会全体として結論を出すことに意見集約され、
結果として全て不採択になりました。
 

【平成30年度品川区予算特別委員会】
3月5日(月)~3月19日(月)の間、平成30年度品川区予算を審議する
予算特別委員会が招集されました。
会派や個人として提案・要望してきた施策が盛り込まれた予算案なので
成立に尽力する立場から日々、質疑に立ちました。
今年度予算に盛り込まれた施策のうち会派が推してきた主なものを紹介します。
・高齢者の住宅確保を支援する仕組みを社会福祉協議会に設置
・歩数や健康診断などにポイントを付与し商品券などと交換する健康ポイント事業
・修学旅行など高校生活を応援する返済免除型奨学金資金を創設
・保育園定員拡大や保育士処遇改善などで待機児童が大きく減少
これらの施策・事業がしっかり実施できるよう議論を進めて、最終日の採決では
我が会派も含め賛成多数で予算案が可決しました。

コメントは受付けていません。

Twitter
ブログバックナンバー
外部リンク
サイト管理者
品川区 塚本芳弘
y.tsukamoto@shinagawa-komei.org