Archive for 2012年 2月

品川区議会第1回定例会が2月22日からスタートしました。たけうち忍は、初日の濱野区長の施政方針を踏まえ、区議会公明党を代表して30分間代表質問を行いました。

厳しい経済状況や昨年の東日本大震災の影響などにより、景気が冷え込み、区民税や特別区交付金の減収などが今後も続くことが予測される中、徹底した行財政改革の推進や公共施設の有効活用プランの早期策定などを求めました。また、24年度の最重点施策と位置付けて取り組む、防災対策の強化について、木造住宅密集地域の不燃化・耐震化や新たに予算が計上された防災ラジオ(区の屋外スピーカーからの災害情報等を室内で自動受信し、聞くことが可能なラジオ)や津波対策などについて提案を行いました。

今後は、3月5日から始まる予算特別委員会の審議の中で、提案の実現に向けて、取り組んでまいります。

              <主な質問項目>                                                    

          1、今後の区政運営について

          2、防災対策の強化について

          3、地球温暖化とエネルギー施策について

          4、高齢者施策について

          5、保育園の待機児童対策について

 

品川区議会公明党は伊藤こういち都議会議員とともに、2月20日、墨田区役所内で、同区が取り組んでいる木造住宅密集地などの不燃化施策の取り組み状況を伺いました。これには、墨田区選出の加藤雅之都議会議員と墨田区議会公明党のおおこし区議も同席しました。

墨田区都市計画部の河上部長より区内の延焼シュミレーションを使っての説明を頂き、墨田区では建築物の建替えによる不燃化だけでなく、外壁に不燃化ボードを設置するなどの防耐火改修への助成制度の創設も検討しているとの事でした。

品川区も墨田区同様、木造住宅密集地が多数存在しており、首都直下地震の逼迫性などを考えると、時間のかかる建替えだけでなく、不燃化改修への助成もあわせて検討していく事が重要であると改めて感じました。

明日から品川区議会は第1回定例会がスタートします。明日の初日、私は区議会公明党を代表して代表質問を行いますが、その中にも不燃化改修への助成を提案しています。今定例会を通じて、その実現に向け全力で取り組んでまいります。

   

Twitter
外部リンク
サイト管理者
品川区 武内忍
s.takeuchi@shinagawa-komei.org