Archive for 2011年 10月

品川区議会建設委員会にて10月24日~26日の3日間、九州の4つの自治体に視察にうかがいました。

24日

<熊本県八代市>

・緑の回廊線(街路整備事業)について

自転車を都市交通手段の一つとして積極的に活用するため、工場専用の引き込み線跡地と用水路跡地を利用して、市の各施設を回廊的に結ぶ、自転車と歩行者の専用道路を整備

25日

<福岡県太宰府市>

・景観と歴史のまちづくりについて 

「百年後も誇りに思える美しいまち・太宰府」を目指し、景観・市民遺産会議の開催による4件の市民遺産の誕生や市民が「身近にある残したい大事なもの」を「文化遺産情報」としてホームページで公開するなど、市民との協働による取り組みが印象に残りました。

・歴史と文化の環境税について

市内の一時有料駐車場の利用につき、環境税として車やバイク等の利用者に一定の負担(普通車:100円、大型バス:500円等)を求める取り組みで、市固有の歴史的文化遺産や観光資源等の保全・整備を図るために導入しており、使いみちはホームページで公開しているとの事。

<福岡県大野城市>

・公園再整備のすすめ事業

市内140か所の公園、緑地等の約6割が整備後20年以上が経過し、老朽化している中、地域住民のニーズにあった公園づくりをめざし、発起人を中心に住民主導の公園再整備に取り組んでいる状況を伺いました。

26日

<大分県大分市>

・住環境整備事業(密集市街地整備)について

市内2地区のうち、浜町・芦崎・新川地区の20.5haについて現状と課題を伺い、現地を視察しました。

同地区は、大分市の中心部から北に約1キロで、別府湾に面した恵まれた立地にあります。ところが、道路や公園などの公共施設が未整備のまま宅地化が進んだことで建物が密集し、建替えができないため老朽化が進み、地震による倒壊や火災の延焼などの危険度が高い地域になっています。

そこで、平成17年度から26年度まで、総事業費99.5億円をかけて都市計画道路、防災道路、生活道路、公園・広場などの整備事業が行われています。品川区にも荏原地区を中心に多くの密集住宅地があり、危険性が指摘されていますので、当事業を参考に品川の事業に生かしてまいります。

 

 

10月3日から始まった決算特別委員会が17日終了しました。

各会派の総括質疑、意見表明の後、表決が行われ、賛成多数をもって平成22年度の各会計決算は認定されました。

(21日の最終本会議でその他の議案とともに議決される予定です。)

公明党からは代表で金野、浅野の両委員が総括質疑を行いました。

金野委員からは特別養護老人ホームや高齢者の見守りなどの高齢者福祉や女性の視点からの防災対策について質疑があり、浅野委員からは地球温暖化対策と防災ラジオなどの情報提供のあり方や津波などの防災対策について質疑を行いました。

              

荏原第5地区の総合防災訓練が10月16日(日)午前9時から豊葉の杜中学校のグランドにて実施されました。

これには地区内の10町会で1000名を超える方々が参加していました。また、荏原第5地区では毎年中学生の参加が多く、今年も豊葉の杜中学の生徒が大勢参加していました。

3か所にに分かれて三角巾を使っての救急救護訓練と消火器による消火訓練、また倒壊した家屋から防災器具を使用しての救命訓練などが行われ、体育館では炊き出しの訓練も実施されました。

その後、町会のミニポンプ隊や地元の消防団荏原第5分団の方たちの放水訓練が行われ、それに交じって、今年も元気いっぱいに7年生の生徒が放水訓練を行う姿に、参加者からは温かい拍手が起こっていました。

いざというときには、「守られる側」から「守る側」への役割が期待される中、中学生をはじめとする若い人の力を生かした防災対策の重要性を改めて痛感したところです。

決算特別委員会の後半戦の款別審査が11日~スタートしました。

私の主な質問内容は以下の通りです

11日(衛生費、環境費、産業経済費)

①不妊治療助成事業の状況について

②不育症の区民への周知と相談体制の整備、助成制度創設について

12日(土木費)

①遠隔操作できる省エネ街路灯の動向について

②木造住宅密集地への取り組みついて

③防災防犯のため空き家の適正管理を実施せよ

13日(教育費)

①「釜石の奇跡」に学び、市民科などで防災教育を充実することについて

②防災用ヘルメットの小学生への配布について

                             

 平成22年度決算を審議する決算特別委員会が10月3日からスタートし、各委員による活発な議論が繰りひろげられています。

 スケジュールは、3日が歳入全般、議会費、公債費について、4日が総務費について、5日が民生費、国保・後期高齢者医療・介護保険・老人保健医療の各特別会計について審議がありました。

※私の主な質問内容は以下の通りです。

3日(歳入全般、議会費、公債費)

①今年度限りで終了予定の子宮頸がん等ワクチン接種緊急促進臨時特例基金や安心子ども基金をはじめとする7つの国の基金事業の今後の動向について

②区の基金の繰り入れと今後の活用策について

4日(総務費)

①災害時の避難方法や避難所の備蓄について各障がい者団体の方からきめ細かく要望を聞くための懇談会の実施について

②小中学生への防災教育のさらなる充実について(東日本大震災での釜石市の取り組みを参考に)

5日(民生費、国保・後期高齢者医療・介護保険・老人保健医療)

①家具転倒防止器具助成の要件緩和と対象者の拡大について

②介護家族のレスパイトケアの充実について

10月11日からは決算特別委員会も後半戦ですが、区議会公明党8名が団結して区民の皆様の声を届けてまいります。

Twitter
外部リンク
サイト管理者
品川区 武内忍
s.takeuchi@shinagawa-komei.org