2015.3.10 予算総括

世田谷区議会予算委員会が始まりました。3月10日、初日の区長・部長以上が出席の総括質疑で区政の姿勢を追求し、また、大介護時代への備える提案を行いました。
1)保育待機児問題への緊急対策、非常事態への対応を早急に講じるべき。
2)迷惑危険空き家やゴミ屋敷の条例制定の遅れについて。
3)民間活用での図書館改革と学校図書館に対する姿勢について。
4)世田谷区の権限拡充。国や都から権限移譲を勝ち取る姿勢について
5)産後ケアセンターの増設拡充への取り組みについて
6)母子保健支援事業への取り組み。子ども家庭支援センターの強化について。
7)2025年、大介護時代へ備える。認知症の訪問診療、看護、在宅ケアへの医療連携のあり方について。
8)高齢者の孤立を防ぐ地域づくり。高齢者見守りネットワークの重要性。気軽にいつでも立ち寄れる場所の創設拡大。「暮らしの保健室」は看護師の常駐による身近な立ち寄れる相談の拠点を提案。
9)高齢者の権利擁護、財産を守る相談会の提案。相続税や贈与、遺言書作成、土地境界確定、登記、年金など土日に様々な相談を一同に会してできる相談会を行うよう提案しました。 

この模様は、インターネットでも配信してます。スマホでもご覧になれます。約40分間の質疑です。

http://www.setagaya-city.stream.jfit.co.jp/?tpl=play_vod&inquiry_id=1795

Twitter
ブログバックナンバー
外部リンク
サイト管理者
世田谷区 高橋昭彦
YRW03721@nifty.ne.jp