バックナンバー 2012年 12月

新年の1月4日に、地元の日大グランドで凧あげを青少年地区委員会・児童館が行っており、松中おやじの会も参加しています。年末には準備も兼ねて児童館でいろいろ試行。ミニ凧づくりと熱気球を。ビニール袋で熱気球、グランドでうまくいくかなあと試行錯誤。

増味会(水曜会)の締めくくり。9月の旅行には、総勢20名で十日町市へ行き、3年に一度の開催の越後トリエンナーレや棚田を見学し楽しい1年でした。来年も愉快に元気で集いあいたいと思います。

■平成25年度予算編成へ公明党8つの緊急要望■

1、梅ヶ丘病院跡地の福祉の拠点整備を

わが党の提案の梅ヶ丘病院跡地の取得の判断が示された。保健医療福祉の全区的な拠点整備への着実に進めることを求める。

 2、青少年の活動の場と青少年所管組織の創設を

不登校や引きこもりなどで社会に馴染めない青少年・若者に対し、専管支援部署の設置、および、自立への就労支援の整備を求める

3、地区高齢者見守りネットワークの全区展開を

 高齢社会において、孤立化を防ぐコミュニティーの充実が災害時も効果を発揮する。地区高齢者見守りネットワークの早期の27か所全区展開を求める。

4、がん対策推進条例の制定とこころの健康先進都市宣言を

 がんによる死因が高止まりを解消するため、区と区民が共にがんに立ち向かう対策推進条例を。また、心身共に健康を守るためこころの健康宣言を。

5、いじめや虐待から子どもを守る救済機関を

 わが会派では札幌市の「こどもアシストセンター」等を参考に子どもの救済機関の設置の必要性を訴えてきた。児童虐待・いじめ・不登校などの深刻な問題に対し、子どもの救済と問題解決へ公正性・専門性のある第三者機関からなる実効性のある整備を求める。

6、区内産業の活性化へ、公契約条例と入札制度改革を

日本経済は依然として厳しい状況下にあり、国あげての早急な経済対策が求められる。区内においても区内事業者への早急な支援も重要な課題である。公契約のあり方も検討にいれ、区内の新たな雇用創出ができるよう要望する

7、環境配慮型住宅リノベーション助成制度を

 住宅機能の向上とエネルギー負荷の軽減を同時に進めるモデルとして環境配慮型住宅リノベーション助成制度を求める。区内産業に付与する地域型ニューディール政策となるよう求める。

8、就学前教育の充実と幼児教育センター構想の実現を

  小1プロブレムに対応できる就学前のすべての子どもに就学準備を整える教育の充実を求める。就学前教育の拠点となる幼児教育センターの創設を求める。

Twitter
ブログバックナンバー
外部リンク
サイト管理者
世田谷区 高橋昭彦
YRW03721@nifty.ne.jp