11月18日に赤堤地区発災型防災訓練を実施しました。3月11日から毎月、赤堤の1丁目から5丁目の各町会自治会と消防署、世田谷区地域振興課と私たち消防団で会議を重ねて実施まで至りました。午前10時に発災したと仮定して、5つの町会に町会本部を立ち上げ、消火器やスタンドパイプによる初期消火や建物倒壊からの救出やけが人の搬送、要援護者の救出など、さまざまな事に同時に対応する訓練に。町会本部の指示の重要性や情報の伝達など災害時には身近な地域での対応の重要性が実感する訓練になりました。地域では迅速な情報が命であります。11時からは、赤松公園にすべての町会が集まり、町会の防災組織と私たち消防団と消防隊による一斉放水で訓練を終了しました。初めての発災型訓練でしたが、これまでの避難所訓練よりも多くの方が体験する訓練となり、今後の訓練のあり方になると思います。

コメント投稿

Twitter
ブログバックナンバー
外部リンク
サイト管理者
世田谷区 高橋昭彦
YRW03721@nifty.ne.jp