世田谷区議会第1回定例会(予算議会)で平成24年度の世田谷区予算が賛成多数で決定しました。一般会計、2427億4千1万円。災害対策や福祉予算など重要課題に重点を置いた予算となりました。3月21日の予算委員会補充質疑で質問に立ち、以下の点を議論しました。
1、地区高齢者見守りネットワークの充実や身近な地区での防災機能を図るため、出張所・まちづくりセンターの機能拡充や職員配置、地域行政制度の改革を議論。
2、学校跡地活用の計画決定プロセスの見える化を図るため、第3者機関での客観的な議論を行う跡地活用審議会の設置を提案。
3、避難所での医療救護班を交えた避難所訓練実施の提案。担当となる医師や看護師との避難所開設訓練の重要性を訴えました。
4、思春期・青年期のメンタルヘルス対策を重点的に進めるよう議論しました。青年期のひきこもりやニートを無くすための寄り添った対策強化策を提案。
5、梅ヶ丘病院跡地の整備へ、継続して議論を交わしました。

コメント投稿

Twitter
ブログバックナンバー
外部リンク
サイト管理者
世田谷区 高橋昭彦
YRW03721@nifty.ne.jp