子どものこころの健康問題は深刻化しています。特に思春期・青年期の若者のこころの不調を早期に発見し支援することで将来が大きく変わります。10代の時期での精神保健対策を行うよう約3年間にわたって、区と様々提案し議論してまいりました。この8月より事業が開始することになりました。ひとつは、「こころスペース」を三茶しゃれなーどで月に2回から3回実施。保護者や本人、子どもたちに携わる職員などの相談を受けます。また、思春期講演会の実施、子どもたちに身近な教職員や区民向けに開催や学校の先生方向けに講座を行い、学校内での問題の解決を行えるように。今後も、思春期・青年期の子ども・若者の支援策を総合的に進めていけるように取り組んでまいります。

コメントは受付けていません。

Twitter
ブログバックナンバー
外部リンク
サイト管理者
世田谷区 高橋昭彦
YRW03721@nifty.ne.jp