バックナンバー 2011年 8月

党支部会を開催。私から、いとこの住む被災地南相馬市を5月と8月に訪問し状況を伺ってきたことをスライドを通して報告。桜井市長との面談、また、八幡山の高齢者クラブの方の作った竹トンボを贈呈したことや被災地の現状を報告。震災から5ヵ月の8月11日の状況も報告。写真があるとわかりやすかったと。さらに、7月より私の提案で実現した高齢者の見守り施策などを報告しました。次に、いわき市より被災され避難されている広坂さんにも登壇していただき、3月11日当日やその後の原子力発電所の状況、また、大きな苦難の中から一家が負けずに立ちあがっている状況をお話いただきました。竹谷とし子参議院議員からは、国会議員になって1年間の国会質問や活動状況、3・11以降の被災地へ行って、視察やボランティアを行い、現場の声を何度も聞くことによって支援ができることなどを話され、にぎやかな支部会となりました。
竹谷とし子さんのブログにも記載されています。http://ameblo.jp/t-takeya/entry-11004198256.html

地元の赤堤商店街ふれあいまつりが8月21日水曜日に開催。オオゼキまつりと同時開催となって2年目。世田谷線松原駅の西側と東側の道路を会場として、平日にも関わらず多くの方が来場、盛大な地元のまつりとなった。昨年に引き続き、八丈島から八丈太鼓六人会の方や八丈町商工会の方々も、八丈太鼓の披露、八丈島の物産も販売。赤堤のために、わざわざ、本当にありがたい。ふれあいまつりは、昨年以上に店も広がり、地元の町会も協力。私も、準備から撤去まで。商店街やオオゼキの皆さんのご苦労に感謝。街の魅力のため継続できることを。

フレール西経堂自治会のおまつり、「夕涼み会」が開催。毎年恒例の夕涼み会は、UR住宅特有の新住民が多く、また、入転出も多いことから、駒井自治会会長が顔の見える地域づくりのため始めた催し。いざという災害時に同じ住宅に住んで、助け合い支えあう地域にしたいとの思いと。毎年、私もお手伝いに伺い、さんまの炭火焼を担当。年を重ねるごとに、うまい焼き具合になるねと評価も。

東日本大震災よりちょうど5ヵ月の8月11日に福島県南相馬市のいとこの所へ。5月に被災地の視察で伺ったときより復興復旧の状況を見てまいりましたが、季節は変わっても復興は進んでいない状況でした。今回は、家内と娘も一緒に行きましたが、娘の脳裏にも大震災の悲惨な状況がショッキングとして残ったようです。5月から変わっているのは、鹿島区の小学校内に仮設住宅が建設中であることと、小中学校・幼稚園の校庭・園庭の砂の除去工事が行われていること。あちらこちらの畑に「ひまわり」が植えてあり、ひまわり畑が現れていました。放射線量が除去できるならと地元の皆さんの思いが強く伝わります。海岸から4キロ以上離れたところまで流された漁船がそのまま放置され、柱だけが残った建物もそのままの状況がありました。安心して暮らせる状況を取り戻すための政治の力が必要なのですが。

子どものこころの健康問題は深刻化しています。特に思春期・青年期の若者のこころの不調を早期に発見し支援することで将来が大きく変わります。10代の時期での精神保健対策を行うよう約3年間にわたって、区と様々提案し議論してまいりました。この8月より事業が開始することになりました。ひとつは、「こころスペース」を三茶しゃれなーどで月に2回から3回実施。保護者や本人、子どもたちに携わる職員などの相談を受けます。また、思春期講演会の実施、子どもたちに身近な教職員や区民向けに開催や学校の先生方向けに講座を行い、学校内での問題の解決を行えるように。今後も、思春期・青年期の子ども・若者の支援策を総合的に進めていけるように取り組んでまいります。

毎年恒例の世田谷区民まつりが馬事公苑にて開催。今年も約30万人の来場者だったと。今回はエフエム世田谷の収録に誘われました。もしかすると、8月21日(日曜)の18時20分~19時放送予定のコリア・アワーで声が聞こえるかも知れません。83.4MHZ、「エフエムせたがや」を。

Twitter
ブログバックナンバー
外部リンク
サイト管理者
世田谷区 高橋昭彦
YRW03721@nifty.ne.jp