世田谷区議会福祉保健常任委員会の行政視察2日目。福岡市の認知症医療連携システムを視察。かかりつけ医と認知症相談医、認知症疾患医療センターの連携で認知症高齢者の早期発見と早期治療、介護の支援体制が本格的に行われています。
川西市の子どもの人権オンブズパーソン制度を視察。いじめや虐待などで子どもが苦しむことが無いよう、相談や調査活動を行い子どもたちのSOSを受け止め、解決を図る第3者機関。子どもたちの健全な育成に寄り添うためには大変重要な取り組み。桜井智恵子大阪大谷大学教授が代表オンブズパーソンとして、川西モデルを築き上げたとを実感。

コメント投稿

Twitter
ブログバックナンバー
外部リンク
サイト管理者
世田谷区 高橋昭彦
YRW03721@nifty.ne.jp