3年前より継続して訴えている思春期の心の病への予防対策。予算特別委員会の福祉保健領域の質問に。思春期の心の変調に対して、先進的な取り組みを行っている四日市市での視察結果をもとに、質問をしました。四日市市の思春期青年期の心の病いに真正面から取り組んでいるYESnetの事例を紹介し、市の教育委員会と保健所、医療機関の3機関がネットワークを組み、生徒のひとりひとりを全力で支えていること。世田谷区もこれまでの議会での質問に応え、思春期精神保健連絡会を立ち上げ、様々な検討を行ってきたが、23年度の取り組みとしている普及啓発について議論。教師や養護教諭、保護者、生徒への普及啓発活動の方法や、意識を高めた分、気づいたことへの相談の受け皿の体制づくりを行うべきと提案。ともかく、将来の重症化を防ぐ思春期での取り組みは、四日市市のような体制を構築すべきと訴えました。

コメント投稿

Twitter
ブログバックナンバー
外部リンク
サイト管理者
世田谷区 高橋昭彦
YRW03721@nifty.ne.jp