宮古島市の昔の生活状況について。山と川が存在しない宮古島市。生活用水確保には昔から大変苦労が多かったようだ。現在は島の地下水を海へ流れないように地下ダムが整備されているが、昔は「うりがー」と呼ばれる洞窟の水瓶で人々の生活用水としていた。「盛加がー」は大きな「うりがー」で103段の石段を婦女子が桶を手に水を取りに行っていたと。このような「うりがー」を中心に当時は集落が形成された。

コメント投稿

Twitter
ブログバックナンバー
外部リンク
サイト管理者
世田谷区 高橋昭彦
YRW03721@nifty.ne.jp