バックナンバー 2010年 10月

宮古島市5周年記念の宮古島エコマラソンが開催され、開会式と表彰式に世田谷区を代表して伺いました。フルマラソン、ハーフマラソンあわせて1千6百名以上が参加の盛大な大会になりました。記念する第1回ゲストランナーに土佐礼子さんも。下地市長や下地市議会議長とランナーを激励。宮古島市と世田谷区の姉妹校流。さらに、深い絆にしていきたい。

私の母校、駒繋小学校の創立70周年記念式典に。区議会を代表して祝辞を。台風が関東に向かってきている中での式典でしたが、後輩の児童たちは元気いっぱいの姿を見せてくれました。昭和48年度に母校を卒業し、長男と次男も同じ小学校で育てていただいたことに感謝を込めて祝辞を話させて頂きました。懐かしい校歌を一緒に歌い感動でした。現在、子どもたちは縄跳びに力を入れていて、体育館で5年生6年生の演技を披露。力強さを感じる駒繋でした。

赤堤1丁目町会が主催で、音楽を通して赤堤に文化と住民の絆をつくる世田谷区の地域の絆再生支援事業の一環で行われています。音の風景がある赤堤を作ろうと始まられました。第2回目は、尺八とピアノの演奏。尺八の演奏家は真藤一彦さん。尺八で民謡からクラシックやジャズを。真藤さんは目が不自由ですが、それを感じさせない素晴らしい才能の持ち主。ピアノは鴇田望さん、希望丘小学校、希望丘中学校出身のジャズピアニスト。ベースギターも登場。演奏は私と同じ町内の植木さん。第1回目のホームコンサートは植木さん中心の演奏会。この人たちのなんて楽しい音楽と感動。第3回目は11月20日にピアノとソプラノ。ピアノは、近所の深沢優佳子さん。これも、楽しみ。

消防団合同点検が駒沢公園にて開催。世田谷区内の消防団、世田谷消防団、成城消防団、玉川消防団が勢ぞろいする三大行事の一つ。世田谷消防団は、分団数18、団員数635名で最大。次いで、玉川、分団数11、団員数280名。成城は、分団数7、団員数254名。全体で消防操練を行い共同動作・部隊行動の訓練、また、部隊検閲、災害活動を行いました。私も、世田谷消防団の一員として参加。

希望丘小学校の避難所運営訓練が行われました。平成16年から毎年体育館での避難所宿泊体験訓練を行ってきた地域です。今回は、夕方から夜までの訓練です。夜間に行われる避難所訓練は区内でもめずらしく、世田谷区砧総合支所からも多くの職員が参加され、震災時の避難所について質疑応答。今年整備されたマンホールトイレの使用のための訓練も行われました。

松沢まちづくりセンターでまつざわふれあいリサイクルフェアが開催。地域のごみ減量リサイクル推進協議会の皆さんが主催し、洋服や本の交換、リサイクルを行っています。青少年委員会や児童館、私たちおやじの会も参加し、にぎやかな一日になっています。おやじの会は、「ポンポン船を作ろう」子どもたちと一緒にポンポン船を作り、センター内の池で走らせます。また、今回は入り口で模擬店を。ホットドッグとおもちを作りました。

世田谷区立尾山台中学校の創立60周年記念式典が行われました。中学生、教職員、歴代の校長先生や教職員、地域の方々、PTA、おやじの会、同窓会など地域の中学校を盛り立てる方々がお祝いに。私も区議会を代表して祝辞を。地域とともに育てる教育へ60周年を節目としてさらに進められるよう念願。

法政世田谷寄席。毎年恒例の法政大学校友会世田谷支部の行事。初音家左橋師匠や講談師の神田陽子さんが出演。超満員の会場でした。

地元の松沢児童館のまつり「あそびの宝島」が赤松公園で行われました。子どもたちや多くの地域の方が協力し合って開催するおまつりです。私ども松中おやじの会も毎年工作教室を開催。今回は、とぶ種とせみ笛を作りました。松沢高校の高校生が一緒に手伝ってくれました。地域の行事に、地元の大学と高校が積極的に協力する事業が進んでいます。

旭小学校の創立130周年記念式典に出席。式典では区議会を代表して祝辞。晴天の中、3年生から6年生の児童、歴代の校長や教職員、町会自治会、同窓会など多くの来賓も参加。感動の式典は、130周年を記念して、子どもたちに旭小について一言書いたものを作詞し、4曲の歌を作成され披露。母校に対する思いの深さとはつらつとした児童の姿。旭小の校長先生をはじめ教職員の教育にかける力強さを感じました。

Twitter
ブログバックナンバー
外部リンク
サイト管理者
世田谷区 高橋昭彦
YRW03721@nifty.ne.jp