バックナンバー 2009年 12月 25日

財団法人福岡県環境保全公社でのリサイクル事業化へ向けての研究開発を視察しました。産学官民による研究センターは、多くの事業化や国際人材研修が行われています。リサイクル事業化では、これまでも多くの商品化が行われ、県内流通も。現在事業化をめざしているテーマでは、放置竹林をボードに。同志社大学と研究センター、部品の製造企業と商品を活用する日産自動車の研究。また、紙おむつのリサイクル、事業用や家庭用の紙おむつを建築資材へ転換など。大変興味深い、また、夢のある事業を勉強しました。事業者からのテーマを募集して、センターがコーディネート、実証実験を提供し、研究費支援、共同研究プロジェクト支援とステップアップしていきます。ごみをいかに活用し、減量していくか、事業者をリードしていくシステムが重要であると実感しました。

Twitter
ブログバックナンバー
外部リンク
サイト管理者
世田谷区 高橋昭彦
YRW03721@nifty.ne.jp