バックナンバー 2008年 11月 12日

11月10日の法務省や総務省、官邸への要請行動より、公安調査庁は12日、観察処分の更新請求を行うことになったことをNHKは報道。内容は以下の通り。

オウム真理教から名前を変えた教団「アレフ」について、公安調査庁は、今も麻原彰晃、本名・松本智津夫死刑囚の影響下にあり、危険性は払しょくされていないとして、来年1月で期限が切れる観察処分の更新を請求する方針です。
オウム真理教から名前を変えた教団「アレフ」に対しては、過去に無差別の大量殺人を起こした団体を対象とする「団体規制法」に基づく観察処分が適用されていますが、期限が来年1月末で切れることから、教団の関連施設のある自治体の代表らが、10日、柳公安調査庁長官に処分の更新を要請しました。一方、オウム真理教の一連の事件の首謀者とされ、死刑が確定している麻原彰晃、本名・松本智津夫死刑囚について、弁護団は、10日、死刑の判決には誤りがあるとして再審=裁判のやり直しを求めました。公安調査庁は、「アレフ」は今も松本死刑囚の影響下にあるとしているほか、幹部が松本死刑囚の延命を祈るよう信者に指導していたことから再審請求が行われたことを祈りの成果ととらえ、今後活動が活発になる可能性もあるとみています。このため公安調査庁は、教団は反社会的な体質を維持しており、危険性は払しょくされていないとして観察処分の更新を公安審査委員会に請求する方針です。

Twitter
ブログバックナンバー
外部リンク
サイト管理者
世田谷区 高橋昭彦
YRW03721@nifty.ne.jp