バックナンバー 2008年 10月 6日

決算特別委員会の福祉保健所管の質問に立ちました。
私からは、まず、代表質問でも触れた思春期精神病症状様体験、いわゆるPLEsについて。このことの第1人者である松沢病院の岡崎院長、西田先生に諸星幹事長と私で、お会いしお話を伺った内容に触れつつ、統合失調症の前段階ともいえる思春期精神病症状様体験(PLEs)は、中学生の15%が体験しているという調査をもとに、12歳から25歳の思春期での対策、相談体制を教育委員会との連携でつくるよう求めました。次に、わが党提案のこども基金の運営面を指摘、寄付のあり方や基金の運用について議論しました。次に、高齢者の介護者、介護人材不足について区の独自策を求めました。
詳細は、ホームページでご覧になれます。http://www.city.setagaya.tokyo.jp/kugikai/chukei/h20ke/20081006-013.ram

Twitter
ブログバックナンバー
外部リンク
サイト管理者
世田谷区 高橋昭彦
YRW03721@nifty.ne.jp