バックナンバー 2008年 7月 31日

7月31日午後、一関市役所を訪問。市長室で浅井東兵衛市長、岩渕商工労働部長と懇談、震災の状況を聞きました。市長からは、先日公明党太田代表が来られ様々手を打ってくださったと感謝の言葉を述べられ、被災状況は震源地の近くで市街地は被害はないのですが、風評被害による観光が冷え込んでしまっている状況を訴えられました。一関市災害対策本部より、被災状況と被災者の避難状況など伺いました。続いて、一関市観光協会岩井副会長に観光への被害状況を聞きました。激減している観光経済、マスコミによる風評被害の状況をつぶさにお聞きし、一関市の経済復興への道のりをどのように作るか話し合いました。

震災から間もない八戸市の視察でした。大きな被害はなかったものの庁舎の壁には亀裂が入っており地震の大きさを物語っていました。八戸市は翌日からお祭りがあり、仕掛けのある大きな山車の作成の最終段階でした。さて、使用済み食用油をリサイクルしてごみ収集車とトラクターの燃料に再利用しています。市内のスーパーで回収。毎年回収量も増え定着しています。てんぷら油で車を走らせようプロジェクトと題してごみ収集車の燃料として環境対策に徹底しています。次に八戸市下水道事務所へ。マイクログリッド導入による世界初の実証研究の成果を視察。新エネルギーによる分散型エネルギー供給システム、マイクログリッド。太陽光や風力発電、下水処理場から発生するバイオガスの発電。市庁舎や学校の電力をすべて補うシステム。大きなプロジェクトでしたが、研究期間終了後のこれからの対策は、修繕費、ランニングコストの問題から、太陽光発電のみ残し、他は撤退するという状況でした。新エネルギー利用の難しさを痛感しました。

Twitter
ブログバックナンバー
外部リンク
サイト管理者
世田谷区 高橋昭彦
YRW03721@nifty.ne.jp