バックナンバー 2008年 6月 30日

小中学校95校のうち43校で、使用しなくなって10年、いまだに存在する小型焼却炉。学校によっては子どもたちに不都合が生じる場所にあるところがあると相談を受け、現地調査をし、昨年の10月議会で取り上げ推進しました。区は早速対応し、今年度13校で撤去を行いました。小学校4校(守山小・多門小・経堂小・千歳台小)、中学校9校(太子堂中・北沢中・山崎中・玉川中・瀬田中・船橋中・上祖師谷中・砧南中・希望丘中)
10月議会でのやり取りは以下のとおり
(質問) 学校にある焼却炉についてお伺いしたいと思います。この焼却炉は、各小中学校で十年前から使用しなくなったんですね。十年たちました。学校の中の不要物として現存しているところがまだあります。調べてみましたら、小中学校九十五校のうち、四十三校にまだ存在をするというふうにいいます。約半分ですね。十年間で半分撤去されてきたということのようです。設置場所もさまざまなようで、子どもたちには手が触れないようにフェンスでしっかり囲って、南京錠もかかって、これはもう子どもたちは絶対に触れないなというようなところもあります。雨が降っても雨水が当たらないようなところに設置しているところもありますけれども、そうでないところも見受けられます。十年間、風雨にさらされて腐食も進んでいるというところもあって、子どもたちもさわれるところにあるところもあるようなんですね。中には、雨水が腐食部分から入って中の水がしみ出ているという状況もあるようですけれども、ある学校の焼却炉に、十年たっていますから、十年頑張っていますから大分腐食して、はげ落ちてきているかなと。スズランテープで何とかさわらせないように頑張っているという状況を、ちょっと小さな寂しいパネルですけれども、こんな状況もあるみたいです。予算もかかりますから、徐々にやっていきますというようなお話もずっと聞いてますけれども、十年たって半分です。そうすると、あと十年かかるんでしょうか。こういった不要なものが学校にずっとあって、だんだん駆逐してきてというところ、学校も保護者に説明できないですね。何でいつまでもあるんでしょうかと言われて、いやあというような状況になっていると思うんですけれども、これはどうしますか。早目にやりましょうよ。いかがですか。
(答弁) 現状と今後の措置についてのお尋ねでございます。平成十二年のダイオキシン類対策特別措置法の施行に先立ちまして、いわゆるダイオキシン問題はその前、平成九年ごろに起こっていましたけれども、平成九年九月から、小中学校を含む区の施設での焼却を中止しております。このため、小中学校の焼却炉につきましては、焼却炉の扉を施錠するなどの措置はしております。区教育委員会では焼却炉撤去を進めており、現在、お話にありましたように、五十二校の焼却炉の撤去を完了しているところであります。これまで、緊急性のある学校、外壁改修にあわせて焼却炉の撤去を行ってきております。委員ご指摘の四十三校の措置につきましては、今後とも学校の現状を踏まえ、順次撤去が完了するように、計画的に取り組んでまいります。
(質問) 計画をしっかり前倒ししていただいて、よろしくお願いしたいと思います。

Twitter
ブログバックナンバー
外部リンク
サイト管理者
世田谷区 高橋昭彦
YRW03721@nifty.ne.jp