バックナンバー 2008年 6月 16日

アイドリングストップとは自動車が走っていない時(停車時)にエンジンを止めて、無駄に燃料を消費しないことです。駐停車時でのアイドリングストップは、現在多くの自治体で条例を定めて推進されています。しかし、信号待ちでのアイドリングストップは、路線バスや宅配便などを除いて、自家用車ではほとんど実施されていないのが現状です。信号待ちでのアイドリングストップは、ほんの5秒間でも省エネに効果があるのです。アイドリングストップは、われわれひとりひとりが簡単に出来る省エネルギー、地球温暖化防止への取り組みです。わが党の提案推進により、アイドリングストップ装置の装着への助成制度が開始します。CO2削減、地球温暖化防止へ積極的な運動が必要であります。

Twitter
ブログバックナンバー
外部リンク
サイト管理者
世田谷区 高橋昭彦
YRW03721@nifty.ne.jp