バックナンバー 2008年 4月

松沢中学校の入学式。128名4クラスの新入生が誕生しました。凛として爽やかな入学式です。中村豊校長からは、テレビ番組「斉藤さん」から、正義感ということをわかりやすく話されました。何かあると、僕だけが悪いのではない、僕だけではありませんと言う。松中では、この言葉は禁止します。ときっぱり。松中生は正義の道をいこうと訴えられました。すばらしい校長の式辞です。
式典終了後、同窓会・松中会・松中おやじの会のアピールを保護者の方に行いました。おやじの会は、長谷川会長の代理で私から話をさせて頂きました。

希望丘小学校の入学式に参列しました。議員になって常に見守ってきた小学校であります。それは、いわゆる小規模校であり、全学年1クラス、単学級の学校です。その中で、地域の方や学校職員が懸命に努力をされてきました。私も、議会で何回も何回も希望丘小学校の良さを取り上げてまいりました。昨年の3月には、小学校の指定校変更に関して議会で質問し、単学級から2クラスにできるよう教育委員会も努力するよう訴えました。何年にもわたる皆さんの努力が実り、晴れて2クラスの1年生が誕生しました。これほどうれしいことはありません。前校長の若菜先生も大変喜んでいたのが印象的でした。さて、入学式では矢作校長より1年生に2つ約束してくださいと話されました。1つは元気なあいさつをできるように。もうひとつは、早寝・早起き・朝ごはんをできるようにしてくださいと。明るくうれしい入学式でした。また、地域の避難所である学校の体育館にスロープが完成しました。地域の方の災害時の備えが徐々に整ってまいりました。

毎年恒例の城西匠会の花見を開催。私も所属する匠会です。今年は、天祖神社にて室内で行いました。2年前には、山下公園で行ったのですが、雨の心配もありできるだけ室内で行うということになりました。来賓を含め約40名の方が参加して頂きました。今年55周年を迎えた匠会。伝統ある会を今後もさらに発展するよう尽力して参りたいと思っています。

私が議会で提案した小中学生への防犯ブザーの携帯。平成15年に議会で取り上げ、平成16年度より実現しました。世田谷区の小中学生はみんな防犯ブザーを携帯しているから、手を出せませんよと広く知らせる工夫も要望いたことから、毎年、ポスターが区の広報版に掲示されてます。新年度のスタートとともに、ポスターが張り出され、子どもたちを守っています。

公明党の街頭演説、この日は、下北沢オオゼキ前にて行いました。参加したのは、私と飯塚さん・平塚さん・高久さんの4名の区議団で行いました。スーパーオオゼキの横の踏み切りは、駅に隣接しているためか「開かずの踏み切り」になっています。立体交差化が進んでいる小田急線で、暫定税率廃止によって工事が中断しないか心配であります。世田谷区でも経堂北口や区役所近くの道路や電線地中化工事がストップするという大きな影響が生まれています。しっかり審議して、区民生活に支障のないように国会は責任を果たしてもらいたいものです。

桜満開の暖かな4月。船橋よしね会町会のさくらまつりがよしね公園で開催。恒例になりました町会の花見。多くの方が楽しみに来られます。ここは、特にしだれ桜が満開を迎えていました。熊本区長もご挨拶に訪問され町会の皆さんを労いました。

ガソリンの価格が下がったことより、世田谷区の事業が止まるという事態。世田谷区は当面の方針を発表した。このまま続けばさらに大きな影響があります。

道路特定財源の暫定税率廃止に伴う当面の対応方針
道路特定財源における暫定税率が、平成20年4月1日から失効されることに伴い、当面の世田谷区としての対応は以下のとおりとします。
(1)暫定税率の扱いが確定するまでは、「歳入欠陥」になる可能性を踏まえ、当面、これから約1ヶ月先までの、道路整備事業における新規の工事発注を延期する。
 入札を延期する道路整備事業は、道路特定財源を活用する都市計画道路補助154号線における築造工事及び区画街路8号線における電線地中化共同溝整備工事である。 
(2)舗装等の道路維持管理に係る事業は、当区においては、道路特定財源を活用することとなっていないため、予定どおり発注する。
(3)その他の都市整備領域の事業をはじめ、福祉、教育など、道路整備事業以外の契約などは、当面、予定どおり行う。
(4)道路特定財源における暫定税率の扱いが確定し、当区の財政上の影響等が確認できる段階で、あらためて、区としての対応策を決定する。また、当初予算の修正等の必要性についても、その段階で判断することとする。

赤堤小学校の北校舎が完成しました。3階建て、とても明るい校舎です。泉校長は、校舎が明るいと子どもたちの表情も明るく、また、声も大きくなりますと言っていました。そのとおり、校舎に入るなり気持ちが明るくなります。屋上には、太陽光発電設備や屋上緑化が設置されました。プレハブ校舎もなくなり、また、広い校庭が現れました。2月18日に子どもたちは引越しをして、新しい校舎での授業が開始されました。ご苦労頂いた泉校長をはじめ教職員の皆さん、地域の皆さんに感謝いたします。

Twitter
ブログバックナンバー
外部リンク
サイト管理者
世田谷区 高橋昭彦
YRW03721@nifty.ne.jp