バックナンバー 2008年 3月 19日

この日の街頭演説は、スーバーオオゼキ前。夕方から雨が降り出してきた中でしたが多くの方が手を振って激励してくださりました。参加したのは、私と飯塚・平塚・高久の4名。国会での日銀総裁不同意の状況について話し、円高や値上がりが続いている状況下で、日本経済に最も重要な日銀総裁人事を何度も不同意にする民主党のやり方に、政治の混乱を招き、経済を低迷させ、生活第一といいながら政権交代を第一義とする姿勢に対しての有権者の判断をお聞きしたいと訴えました。また、公明党は世田谷区にあっても20年度予算に提案している「子どものインフルエンザ予防接種助成」や「妊婦健康診査14回無料化」など、区民生活の重要な政策を実現している状況を訴え、大衆と共にの姿勢で取り組む行動第一の政党であることを訴えました。

松沢中学校の卒業式に参列させて頂きました。松沢中学校は息子が2年に在学している地元の中学校。息子の成長とともに感謝する中学校であります。さて、卒業式は大変に感動的な卒業式でした。中村豊校長の話には、地域医療で有名な鎌田医師について話され、最後まで投げ出さないことの大切さを訴えられ、現在の日本社会ではこの投げ出さないことがなくなってきていると訴えられました。来賓を代表して、赤堤小学校の泉校長、3年間松沢中学校を見てきて、生徒の皆さんの暖かな対応や姿に松沢中学校の教育の良さが感じられる。皆さんは松沢中学校で本当によかったと思うと。また、PTA会長の鈴木さんからは、保護者として今日の日を皆さんに、「生まれてきてくれてありがとう。今日まで本当にありがとう」と語られ、皆涙の場面でした。このようなすばらしい中学校に子どもを通わせていただいて心から感謝する卒業式でした。ありがとうございました。

Twitter
ブログバックナンバー
外部リンク
サイト管理者
世田谷区 高橋昭彦
YRW03721@nifty.ne.jp