バックナンバー 2007年 12月

2007年版 せたがや便利帳が完成しました。
今回の便利帳、13年ぶりに全戸配布になります。前回各家庭に配布されたのは平成6年。今回新たな便利帳として各家庭に配布されます。内容やデザインは民間企業に協力頂き、特集ページも充実しました。世田谷区に住んで、ここに暮らす。世田谷区の良さを感じられるものを区と民間の共同で作成されました。平成17年10月議会で、民間とのコラボレーションで見て楽しくなる便利帳の作成と、広告を入れて財政負担も軽減するよう提案。その上で、13年ぶりの全戸配布を求めてきたものです。

京王線の代田橋から八幡山駅付近の立体交差化を早期に実現するよう、国土交通省冬柴大臣へ申し入れを行いました。これには、熊本哲之世田谷区長、高木陽介衆議院議員、中島義雄都議を中心に私ども世田谷区議会公明党(高橋昭彦・杉田光信・平塚敬二・高久則男)としても要望しました。また、国会・都会議員も同席し要望。
内容は12月4日付け公明新聞(以下)に詳細。
公明党の高木陽介衆院議員と中島義雄都議は3日、国土交通省を訪れ、世田谷区の熊本区長ら、公明党世田谷区議も同行し、冬柴鉄三国交相に対し、京王電鉄京王線の代田橋〜八幡山駅付近間の連続立体交差化を早期に実現するよう申し入れた。
席上、高木氏らは要望書を手渡し、同区間沿線に20数ヶ所の「開かずも踏切」(ピーク時1時間当たり40分超、遮断したままの踏切など)が存在する現状を訴え、新規着工の対象とするよう訴えた。
また要望書では、工事推進のための道路財源確保を図るよう求めている。冬柴国交相は「たくさんの開かずの踏切があることはひどいことだ。来年着工したい」と述べた。

世田谷線松原駅周辺のクリーン大作戦。9時より行われました。赤堤商店会振興会の小野沢理事長を中心に多くの方が参加しました。今年3回目のクリーン作戦ですが、私も地元として家族で参加しています。掃除にまわってみると普段気がつかないことが多く見つかります。

Twitter
ブログバックナンバー
外部リンク
サイト管理者
世田谷区 高橋昭彦
YRW03721@nifty.ne.jp